アカツキが投資部門を分社化、50億円規模の新ファンド「Dawn Capital」を組成

SHARE:
Akatsuki Ventures の皆さん。左から3人目が代表取締役社長に就任する石倉壱彦氏。
Image credit: Akatsuki Ventures

アカツキ(東証:3932)は、Akatsuki Ventures を設立し、2022年4月1日から50億円規模の新ファンド「Dawn Capital(ドーン キャピタル)」の運用を開始すると発表した。アカツキはこれまで、呼称としてのプロジェクト名「Heart Driven Fund」を用いてきたが、実質的にはアカツキの事業会計からの出資だった。投資部門の分社化により、より柔軟な投資運用が可能になる。

新会社の代表取締役社長には、アカツキの投資部門をリードしてきた石倉壱彦氏が就任する。アカツキは2018年11月以降、Heart Driven Fund を通じて58社に対して総額約60億円を投資しており、6社をイグジットさせている(IPO が1社、M&A が5社)。Akatsuki Venturesでは、ハンズオンチームに加え、アカツキ本体による経営・事業サポート体制も構築し、投資先への支援を強化する。

アカツキは先週、レシート買取アプリ「ONE」運営の WED のシリーズ C ラウンドに単独参加している。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録