600:オフィス・マンション向け無人コンビニを展開【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

600

無人コンビニからストアへ、拡張する600のバリエーション

<事業内容>

Store600 は「場」に必要な商品を届けることで場の価値を最大化する無人ストア・サービスです。

扉は常に施錠されており、専用のアプリでスマートに解錠が可能です。

また、クレジットカードを登録した専用アプリで、お財布不要のキャッシュレス決済が可能です。商品の形状や企画に関わらず、その場のニーズに合わせ、様々なコンテンツを提供します。

<推薦者>  朝日メディアラボベンチャーズ

<推薦者コメント>

600が提供する、オフィス・マンション向けの無人コンビニ。AI アルゴリズムによる物流経路の最適化ソリューションは、iot やキャッシュレス決済、ハードウェア開発、AI といったテクノロジーと物流オペレーションのフル活用が必要なサービスです。

それらの技術を融合させたサービスは、シリアルアントレプレナーの久保さんだからこそ実現できる、大きなマーケットに向けたスタートアップらしいチャレンジで、実現したときのインパクトは限りなく大きいと考えています。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録