A1A:製造業の見積りを効率化する「RFQクラウド」を運営【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

A1A

「RFQ クラウド」
Image credit: A1A

<事業内容>

A1A は「最高のものづくりには最高のバイヤーがいる」という世界観を掲げ、製造業購買部門向けの SaaS を提供しています。売上比約6割を占める材料費の窓口である製造業購買部門は「最適なサプライヤから最適な価格での調達」を Mission として持っています。

RFQ クラウド」はそんな購買部門の調達業務を IT の力で改善しつつ、「見積」という切り口でデータを活用した意思決定のサポートをするような業務システムを提供しております。

<推薦者>  神前達哉さん(ALL STAR SAAS FUND)

<推薦者コメント>

製造業の売上に占める原価は5割から6割ほど。例えば売上高1兆円の会社は少なくとも5,000億円はサプライヤ企業から調達していることになり、もしそのうち1%でも原価低減ができたら、50億円の粗利が上がることになる。

調達・購買部門にはそれだけの価値を生むポテンシャルがある一方、まだまだ属人的な業務が多く見積データが社内のアセットになっておらず、全体最適な調達ができていない現状がある。A1Aは日本のものづくり産業が世界を牽引し続けていくために不可欠な企業になるだろう。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録