アル:クリエイターの作業ライブ配信、デジタル素材の数量限定販売サイトなど運営【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

アル

Image credit: alu

<事業内容>

アルは「クリエイティブ活動が加速する世界を実現すること」をミッションにしており、創作活動をする人のためのサービスを作っているテクノロジー企業です。今は主に、クリエイターが淡々と作業する様子をライブ配信するサービス「00:00 Studio」や、数量限定でデジタルデータを販売できるサービス「elu」を運営しています。

<推薦者>  室井信人さん(FGN ABBALab)

<推薦者コメント>

クリエイターエコノミー業界を牽引しているスタートアップです。マンガファンドコミュニティ SNS で知られる同社ですが、2021年はイラストや写真、音声や動画等デジタルデータを出品・販売できるマーケットプレイス「elu」、クリエイター作業風景配信サービス「00:00 Studio」と、クリエイターエコノミー界隈で話題性のあるプロダクトをローンチ。「elu」はリリースから約8週間で出品数約6,500点、GMV約2,500万円の売買が成立し好調なスタートを切っています。

<関連記事>

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録