ファインディ:GitHub解析でエンジニアを採用支援するサービスを提供【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

ファインディ

Image credit: Findy

<事業内容>

  • Findy は、ハイスキルなエンジニアと企業をマッチングする転職サービス。
  • 独自に開発した AI でエンジニアのスキルと企業の求人票を解析し、最適なマッチングを実現。
  • ソフトウェア開発プラットフォーム「GitHub」を情報源として用いて、これまで書いてきたコードの量、他のプロジェクトへの貢献度、他者からのコードの支持やアカウントの影響力といったポイントを中心に、エンジニアごとの GitHub を独自のアルゴリズムによって自動で解析。
  • トータルでの偏差値、開発言語ごとの偏差値をそれぞれ割り出す。
  • エンジニアユーザーは GitHub を連携するだけで自身のスキルを偏差値化でき、それをもとに企業から転職や仕事のオファーを受けるチャンスを手に入れられる。
  • 加えてファインディでは企業とユーザー双方のサポートを充実させることで「ファインディのサービスでなければ繋がらなかったような企業とエンジニアのマッチング」も実現。
  • 現在、7万人のエンジニアと700社の企業が利用。

<推薦者>  博報堂DYベンチャーズ

<推薦者コメント>

Findy はエンジニアの可能性を広げることに愚直に向き合う集団です。GitHub の開発履歴をもとにスキルと適正年収を可視化するなど転職したいエンジニア、フリーランスとして働きたいエンジニアに寄り添ったサービスを提供しており、CS や営業職をはじめとした多くの社内メンバーもエンジニアスキルの素養を持っているというミッションクリティカルな組織を形成しています。転職サービスとしての Findy は既に400社以上のテック企業に利用いただいています。

2030年にはエンジニアが80万人近く足りないといわれる昨今において、その課題に向き合うプロダクトとして、エンジニア組織の活動量を自動解析し、生産性向上をサポートするエンジニア組織支援 SaaS「Findy Teams」正式版を2021年10月にリリースしました。エンジニア採用競争激化やリモートワーク進展などにより、難易度が上昇したエンジニア組織づくりやマネジメントを支援していく世界共通のプラットフォームになり得るプロダクトになるのではないかと期待しています。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録