Hupro:士業・管理部門に特化した求人メディアを運営【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

Hupro

Image credit: Hupro

<事業内容>

最速転職 HUPRO」という士業・管理部門に特化した求人メディアを運営しております。士業・管理部門では人手不足が深刻化しており、早急に採用しなければいけない場面が多くあります。また転職者も、多忙な中でエージェントに会いにいく時間を確保できず、転職活動がしずらいという課題があります。その課題に対して私たちは、①スキルベースのマッチング②全情報全求人の公開③完全オンラインサポートを通して解決に取り組んでいます。このように自動マッチング、情報の公開、人によるサポートのハイブリッド型を組み合わせることで、候補者が企業に入社決定をするまでが早く、通常の人材紹介会社の約3倍の速度を誇っています。

導入の流れとして、士業・管理部門の求人をしたい企業に求人と取材記事掲載をしていただき、採用に至った場合は成果報酬でご料金をお支払いいただくモデルとなっています。また、候補者集客も独自のデータベースを築くことができており、若手の登録者数が多いことが特徴となっております。

<推薦者>  サイバーエージェント・キャピタル

<推薦者コメント>

HUPRO は人材不足が深刻であるが、オンラインベースでの転職活動が難しい状況にある士業・管理部門の市場に切り込んでおり、対面ベースでの転職活動が難しくなったコロナ禍で急成長したスタートアップの1社です。古風な風潮のある士業・管理部門の転職活動をIT化することにより最速転職(既存のエージェントの3倍ほどの速さ)を実現しております。

さらに士業・管理部門に特化したメディアも保有しており、自社メディアからの送客も力を入れております。

ユーザー層も士業・管理部門の転職活動でも比較的若い層に受け入れられており、今後も転職活動をする際に利用いただける可能性も比較的高いと期待しております。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録