LegalForce:弁護士2名が創業、契約書のAIレビューサービスを展開【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

LegalForce

Image credit: LegalForce

<12日9時半更新> LegalForce のスクリーンショットを最新のものに更新。

<事業内容>

LegalForce は、2017年に大手法律事務所出身の弁護士2名によって創業されました。「全ての契約リスクを制御可能にする」をミッションとして、独自のAI技術と弁護士の法務知見を組み合わせたソフトウェアの提供・開発を行っています。AI契約審査プラットフォーム「LegalForce」、AI契約書管理システム「LegalForceキャビネ」を通じて契約業務の質の向上、効率化を実現しています。その他、京都大学との共同研究をはじめ、学術領域へも貢献しています。

<推薦者>  村岡和彦さん(WiL)、ジャフコグループ

<推薦者コメント(WiL 村岡和彦さん)>

Legal Techの爆進ベンチャー、LegalForce は「AI 契約書チェック」の分野では草分け的存在。2019年4月の正式ローンチから約2年で導入社数は1000社を突破し、企業法務部門だけでなく、数百の法律事務所の利用実績をもつ SaaS プレイヤー。

LegalForce を使えば、AI によって、契約書チェックを10秒で実現。法務担当者は、見落としなく、時間をかけることなくレビューが可能になります。

角田 CEO は、四大法律事務所の森濱田松本にて弁護士として活躍。弁護士ワークの中での課題感、知見を活かし、現役弁護士が立ち上げたテクノロジー企業といえます。

契約書チェックに加えて、契約を締結したあとも書類を一元管理し、契約内容を把握してリスクの管理、義務の遵守、権利の行使をしていくために契約内容を可視化していく「LegalForce キャビネ」の提供も21年1月から開始。契約書に関連する業務を一気通貫で実行することが可能になった LegalForce は、これからの法律実務を劇的に改善し、産業インパクトを残すベンチャーになると信じています。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録