オプティマインド: AIによる配送ルート最適化クラウド「Loogia」を提供【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

オプティマインド

Image credit: Optimind

<事業内容>

オプティマインドは、「世界のラストワンマイルを最適化する」をビジョンに掲げ、ラストワンマイルの配送ルート最適化を目的とした「Loogia※」を提供し、配送業務の効率化へ貢献しており、ラストワンマイルならではの制約条件を加味したアルゴリズム、地図ネットワークの分析・加工やビックデータの学習モデル構築について独自のノウハウを保有しています。

※Loogia とはオプティマインドが展開するラストワンマイルのルート最適化クラウドサービスです。配送情報を入力すると、40以上の現場制約を考慮しながら最適なルートを計算し、配送業務の効率化を実現します。また、実走データをGPS等から取り込むことで、より精度の高いルートの算出が可能になります。

<推薦者>  KDDI Open Innovation Fund

<推薦者コメント>

オプティマインドは、Logitech領域でAIによる配車計画・個配送ルート最適化サービス「Loogia」をSaasで展開する、名古屋大学発スタートアップです。今後自動運転や配送ロボットなどMaas領域におけるサービスの発展に伴い、必ず必要となってくる「走行ルート最適化」において高い技術力を持ち、加えてKDDIのみならずトヨタ自動車・三菱商事・寺田倉庫といった強力な株主による支援が彼らの成長を後押ししています。

<関連記事>

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録