ポップスター周杰倫氏支援のデジタルアバターがOpenSeaで売れ筋首位など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(1月5日〜1月11日)

SHARE:
Image credit: OpenSea

中国は、仮想通貨マイニングを引退させ排除すべき産業に挙げている。中国政府は、ブロックチェーン技術を公共サービスに活用することを計画している。Jay Chou(周杰倫)氏が支援する NFT が OpenSea の取引量ランキングで上位を占めた。

仮想通貨マイニングを引退させる

  • 中国国家発展改革委員会(NDRC)は、改正産業カタログ(産業構造調整指導目録2019年版)の中で、引退させるべき産業として仮想通貨マイニングを挙げている。カタログによると、引退させるべき業種は、エネルギー集約型、汚染型、時代遅れの技術や設備を使用している傾向があるとのことだ。3月以降、中国全土の当局がマイニング事業の停止キャンペーンを広範に展開している。内モンゴル自治区が最初にマイニング業者を取り締まり、新疆ウイグル自治区、青海、四川、雲南、江蘇、浙江、福建、江西の各省がすぐにそれに続いた。中国国家発展改革委員会
  • 中国の党幹部に対する最高検査機関である中央紀律検査委員会(CCDI)が発行した月例作業報告によると、仮想通貨マイニングは中国のカーボンニュートラル目標に抵触する。この報告書は、浙江省と江西省の当局者が、公的資源を使用する仮想通貨マイニング操作と、政府資金による開発区域での関連操作を取り締まったことを称賛している。中央紀律検査委員会

公共サービスにおけるブロックチェーン

  • 中国政府は、新たに発表した公共サービス5カ年計画において、ビッグデータ、クラウドコンピューティング、人工知能、IoT といった他の技術とともに、公共サービスにおけるブロックチェーン技術の活用を模索することを宣言した。この計画では、2025年までに公共サービスを大幅に改善し、2035年までに公共サービスへの平等なアクセスを実現することを目指している。国家発展改革委員会(NDRC)が起草を主導し、他の20の政府機関と協力した。国家発展改革委員会

NFT フィーバー

  • 中国やアジア全域で人気のセレブリティ Jay Chou(周杰倫)氏と Edison Chen(陳冠希)氏が支援する NFT「Phntabear」は、NFT 取引プラットフォーム「OpenSea」の取引量ランキングチャートで1月9日から首位に立った。また、OpenSea は Phantabear が売れ筋首位になった日に、「API トラフィックの持続的な急増」によりシステムに負荷がかかり、サイトが停止する事態が発生した。OpenSea は、今後の需要に対応するため、「アーキテクチャのコア部分を再構築する」ことを宣言している。OpenSea

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録