製造業向け検査AI開発SaaS「MENOU-TE(メノート)」運営、2.5億円をシリーズA調達

SHARE:
Image credit: Menou

検査 AI 開発のためのノーコード SaaS「MENOU-TE(メノート)」を開発・提供する MENOU は11日、ニッセイ・キャピタル、DEEPCORE、三菱 UFJ キャピタルからシリーズ Aラウンドで約2.5億円を調達したと発表した。これは同社にとって、2020年9月に実施した約8,000万円の調達に続くものだ。DEEPCORE と三菱 UFJ キャピタルは今回フォローオンでの参加。MENOU の累計資金調達額は約3.7億円に達した。

MENOUは2019年の設立以来、熟練した目視検査員の手法を模した高速・高精度の AI ソリューションを多くの製造業に導入してきた。画像検査や AI の専門知識のない技術者であっても、AI を開発できるプラットフォーム MENOU-TE を開発し、外観検査や画像検査を中心に製造業 DX を支援してきた。今回の調達を受けて、同社では MENOU-TE の機能拡張に加え、企業向け導入支援サービス「MENOU-IN(メノーイン)」の提供体制を構築する。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録