ARコンタクトレンズのMojo Vision、4,500万米ドルを調達——提携各社とアスリート用ウエアラブル開発へ

SHARE:
Image credit: Mojo Vision

Mojo Vision は、AR(拡張現実)コンタクトレンズをスポーツやフィットネス用途に適応させるため、4,500万米ドルを調達した。

カリフォルニア州サラトガに本拠を置く Mojo Vision は、自らを「見えないコンピューティング会社」と称している。同社は、スポーツ・フィットネスブランド複数との戦略的提携を発表し、AR、ウエアラブル技術、個人のパフォーマンスデータを組み合わせた次世代ユーザ体験の共同開発を進めている。

Mojo と提携各社は、Mojo のスマートコンタクトレンズ技術「Mojo Lens」を使って協力し、スポーツ活動中のデータへのアクセスを改善し、アスリートのパフォーマンスを向上させるユニークな方法を探る。

今回の追加資金調達には、Amazon Alexa Fund、PTC、Edge Investments、HiJoJo Partners などからの出資が含まれる。既存投資家である NEA、Liberty Global Ventures、Advantech Capital、AME Cloud Ventures、Dolby Family Ventures、Motorola Solutions、Open Field Capital も参加した。

Mojo Vision は、Mojo Lens の直感的なハンズフリー、視線制御のユーザインターフェースを通じて、ランナー、サイクリスト、ジムユーザー、ゴルファーなど、データに敏感なアスリートにパフォーマンスデータとリアルタイムの統計情報を提供するウエアラブル市場に機会を見いだした。

<関連記事>

戦略的提携

Image credit: Mojo Vision

Mojo Vision は、アスリートやスポーツ愛好家の間で満たされていないパフォーマンスデータの需要に応えるため、フィットネスブランドといくつかの戦略的提携を結んでいる。Adidas Running(ランニング/トレーニング)、Trailforks(サイクリング、ハイキング/アウトドア)、Wearable X(ヨガ)、Slopes(スノースポーツ)、18Birdies(ゴルフ)などが最初の提携先だ。

これらの戦略的提携と各社が提供する市場の専門知識を通じて、Mojo Visionは、さまざまなスキルレベルや能力を持つアスリートのデータ配信を理解し改善するために、さらなるスマートコンタクトレンズのインターフェースと体験を探求していく。

Mojo Vision の製品・マーケティング担当シニアバイスプレジデント Steve Sinclair 氏は声明で次のように語った。

我々はスマートコンタクトレンズ技術の開発で重要な進展を遂げており、この画期的なプラットフォームの新しい市場の可能性を調査・特定し続けている。これらの主要ブランドとの提携は、スポーツ・フィットネス市場におけるユーザの行動に関する貴重な洞察を与えてくれるだろう。これらの協業により、よりアクセスしやすく有用なパフォーマンスデータを持つ全く新しいフォームファクターをアスリートに提供することが目標だ(現時点では)。

International Data Corporation(IDC)の最近の調査によると、世界のウエアラブル出荷台数は2020年から2021年にかけて前年比32.3%増となりた。ウエアラブルテック市場のこの大幅かつ持続的な成長は、フィットネストラッカー、スマートウォッチ、スマートフォンアプリ、およびスポーツやフィットネス愛好家のユーザー体験を向上させることを主な目的としたその他のウエアラブル機器を改良してリリースし続けている企業によってもたらされている。しかし、新しいデータによると、アスリートやフィットネス愛好家が求めるデータの種類とそのアクセスのしやすさにギャップがある可能性があることがわかった。

Mojo Vision が1,300人以上のアスリートを対象に行った新しい調査によると、アスリートはウエアラブルデータに非常に依存しており、データの配信方法についてさまざまなニーズを表明していることがわかった。この調査では、4人のうちほぼ3人(74%)が、ワークアウトやアクティビティ中にパフォーマンスデータを追跡するために、通常または常にウエアラブルを使用していることが明らかになった。

今日のアスリートはウエアラブル技術に依存しているが、自分のパフォーマンスに関するリアルタイムデータへのアクセスをより良く提供できるデバイスに対する欲求がかなりある。回答者の83%が、リアルタイムまたは運動の瞬間のデータから恩恵を受けると回答している。さらに、回答者の半数は、デバイスからパフォーマンスデータを受け取る3つのタイミング(運動前、運動中、運動後)のうち、その運動の瞬間または「運動中データ」が最も価値があると回答している。

Mojo Lens は、長年の科学的研究と多くの技術特許に裏打ちされ、視界を遮ることなく、移動性を制限することなく、社会的な交流を妨げることなく、画像、記号、テキストをユーザの自然な視界に重ね合わせることができる。Mojo はこの体験を Invisible Computing と呼んでいる。

Mojoは、スポーツやウエアラブルテック市場に加え、強化された画像オーバーレイを使用して、視覚障害に悩む人々を支援するための製品の早期適用を計画している。Mojo Vision は、ブレイクスルーデバイスプログラム(回復不可能なほど衰弱した病気や状態の治療に役立つ医療機器に安全かつタイムリーに提供することを目的とした自主プログラム)を通じて、米国食品医薬品局(FDA)に積極的に働きかけている。

今回の新たな投資により、Mojo Vision の累積調達額は2億500万米ドルに達した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録