NFTマーケットプレイス「OpenSea」、3億米ドルをシリーズC調達しデカコーンに——時価総額は半年で9倍

SHARE:
Image credit: OpenSea

<ピックアップ> SOURCES: OpenSea Eyes $13 Billion Valuation

世界的 NFT マーケットプレイス「OpenSea」はまもなく、Pradigm と Coatue がリードするシリーズ C ラウンドをクローズすると見られている。このラウンドで OpenSea の時価総額は130億米ドルとなり、100億米ドルを超えたスタートアップに与えられる呼称「デカコーン」に達することになる。The Information が昨年11月に伝えていた報道を裏付けた形だ。

同社は、3月にシリーズ A ラウンドで Andreessen Horowitz(a16z)、Naval Ravikant 氏、Mark Cuban 氏らから2,300万米ドルを調達、7月にシリーズ B ラウンドで a16zから1億米ドルを調達した。シリーズ B の際の時価総額は15億米ドルだったので4ヶ月で約9倍に達することになる。OpenSea は昨年取引量が600倍超増加し、直近1ヶ月で24億米ドル以上を取り扱っている。

OpenSea は NFT マーケットプレイスの分野で強大な勢力を持つが、この分野には、Coinbase、Binance(幣安)、FTX といった既存または将来の競合が存在する。OpenSea は2017年、Alex Atallah 氏と Devin Finzer 氏による共同創業。YC W18(Y Combinator のアクセラレーションプログラム2018年冬期のバッチ)から輩出された。

<関連記事>

via Newcomer

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録