シンガポール発の分散型衛星インフラ構築SpaceChain、6基目のブロックチェーン装置が打上成功

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


シンガポールに拠点を置く SpaceChain は、Space X のロケット「Falcon 9」に搭載されたブロックチェーン装置の宇宙への打ち上げミッションが成功したと発表した。このペイロードには、Velas ネットワーク上で Ethereum の取引と NFT の発行をサポートできるノードが連携されている。

Image credit: Space Chain

2017年に Zee Zheng 氏によって設立された SpaceChain は、宇宙におけるオープンなブロックチェーン基盤の構築を目指している。今回のミッションで送られたブロックチェーン対応パッケージは、同社がこれまでに打ち上げた6番目のペイロードとなる。

同社は昨年5月、カザフスタンに拠点を置く Eurasian Space Ventures と覚書を締結した。両社は、ビットコイン取引プラットフォーム「Biteeu」とコーラン音声放送局「Divine」の2つのプロジェクトで提携することで合意している。

一方、Velas は世界最速と言われる Ethereum Virtual Machine のブロックチェーンプラットフォームだ。SpaceChain のノードがテストされ起動すると、Velas は軌道上のインフラを通じてプラットフォームの開発を続けることができるようになる。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録