中国のメタバース型ソーシャルアプリ「Zheli(啫喱)」、アプリストア首位獲得から3日でダウンロード停止

SHARE:
「Zheli(啫喱)」
Image credit: Beijing Yidian Digital Entertainment(北京一点数娯科技)

中国のメタバース型ソーシャルアプリ「Zheli(啫喱)」は、中国のアプリストアで新参者としては驚異的な首位獲得を果たしたが。それからわずか3日後、同アプリのオーナーがさまざまな論争に対処するため、全国のアプリストアから撤去した。

ゼリーを意味する Zheli は、ユーザが日常生活を友人と共有できる 3D アバターメーカーで、ユーザのおおよその位置とモード(学校、職場、ショッピングモールの近く)が表示されるようになっている。

このアプリでは、ファッショナブルなキャラクターや服装のオプションが用意されており、カスタマイズしたアバターを作成することができる。1月のローンチ後、中国で瞬く間に人気となった。Zheli は、ユーザがアプリを通じて最大50人の友人を追加することができる。

重要視すべき理由:Zheli の登場からわずか1ヶ月足らずでの急成長は、Tencent(騰訊)のスーパーアプリ「WeChat(微信)」が長年独占してきた中国のソーシャルネットワーキング界では珍しいサクセスストーリーである。Zheli の出現は、昨年から続いている中国のメタバース熱にさらに拍車をかけた。

  • 2月11日、Zheli は WeChat に代わって、中国のアプリストアで最もダウンロードされたアプリとなり、ダウンロード数43万5,000件という記録的な数字を達成した。WeChat 以外のアプリが WeChat からダウンロードランキングの上位を奪うのは、2019年以降初めてのことだ。
  • 中国のテック大手であるBaidu(百度)、Tencent、ByteDance(字節跳動)は、世界的なメタバースブームを受けて、メタバース機能やサービスの投資・開発を進めている。
  • 中国のメタバース SNS 企業には、Soul や ByteDance の「Paiduidao(派対島)」などがある。

詳細情報:Zheli を運営する Beijing Yidian Digital Entertainment(北京一点数娯科技)は2月13日の発表で、既存ユーザの体験を改善するため、アプリストアからアプリを削除し、新規ユーザ登録を自主的に停止したと発表した。

  • 同社は、削除の主な理由として、さまざまな安定性の問題(読み込み時間が遅い、常にクラッシュする)を挙げている。しかし、WeChat や QQ といった第三者のメッセージングツールを通じてユーザが友人紹介を行った際に、許可なくユーザ情報を収集したことは否定している。先週、ユーザから同社がユーザのプライバシーを侵害しているとのクレームがあった。
  • 調査機関 Coresight のアナリスト Echo Gong 氏は TechNode(動点科技)に、「このアプリのデザインや若者文化は好きだが、機能面ではまだ改善の余地がある」と語った。
  • ユーザは、電話の連絡先リストか WeChat を通じて、アプリ上で新しい友人を招待することができる。しかし、WeChat は直接リンクの招待をサポートしておらず、ユーザはプロセスを完了するためにブラウザを開く必要があるかもしれないので、それは時間のかかる体験になる可能性がある。
  • Zheli のコミュニケーション機能はまだ写真とマイクロブログに限られており、長文テキスト、短編動画、絵文字などのフォーマットを提供する主流ソーシャルプラットフォームと比較すると、多様性に欠けていると Gong 氏は付け加えている。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録