東南アジアの中小企業向けP2P融資Funding Societies、ソフトバンク主導のシリーズC+とデットで2.9億米ドル調達

SHARE:
Funding Societies 共同創業者の2人。左から:グループ CEO の Kelvin Teo 氏、Reynold Wijaya 氏
Image credit: Funding Societies

シンガポールに拠点を置く中小企業向け P2P レンディングプラットフォーム Funding Societies(インドネシアでは「Modalku」として知られている)は16日、シリーズ C のエクステンションラウンドで1億4,400万米ドルを調達したと発表した。また、ヨーロッパ、アメリカ、アジアの機関投資家から1億5,000万米ドルのデット枠を獲得した。

このエクイティラウンドは、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2がリードし、ベトナムのテック大手 VNG Corporation、Rapyd Ventures、EDBI、Indies Capital、K3 Ventures、Ascend Vietnam Ventures などの新しい投資家が参加した。このエクステンションラウンドは、Funding Societies が2020年から2021年にかけて調達した4,500万米ドルのシリーズ C ラウンドに続くものだ。

今回調達した資金により、Funding Societies の東南アジア全域の中小企業向け経費管理および B2B 決済サービスが推進される。また、ストックオプションプランを通じて、Funding Societies は元従業員および既存従業員に対して、自社株買いの形で1,600万米ドルを提供したことも明らかにした。

2015年に Kelvin Teo 氏と Reynold Wijaya 氏によって設立された Funding Societies は、500米ドルから150万米ドルまでのマイクロローンを提供し、最短24時間で融資を行うことで、この地域の3,000億米ドルの資金ギャップを埋めることを目指している。

Funding Societies は、金融包摂(フィンテック・インクルージョン)のために従来の企業のサプライチェーン・アプローチを用いるのではなく、AI 主導の与信モデルに従って、サービスが不十分な企業に付加価値の高い商品を提供している。同社は、シンガポール、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムの5カ国で事業を展開している。現在までに、東南アジアで490万件以上の融資取引を通じて、中小企業に20億米ドル以上の事業融資を行ったとしている。

プレスリリースでは、Funding Societies の年率換算の融資実行額が2021年第4四半期に10億米ドルを超えたことに言及している。また、Funding Societies の獲得した融資枠の一部は、ヨーロッパに拠点を置く機関投資家からのものだ。

Funding Societies は昨年10月、Helicap Investments、Social Impact Debt Fund、および、日本の名前非開示の金融サービスグループのリードにより、1,800万米ドルのデット資金を調達した。これに先立ち、Samsung Ventures Investment からも出資を受けている。その数ヶ月前には、4,000万米ドルを調達していた

Funding Societies の他の投資家は、SoftBank Ventures Asia、Sequoia Capital India、Alpha JWC Ventures、SMBC Bank、BRI Ventures、Endeavor、SGInnovate、Qualgro、Golden Gate Ventures などである。

【via e27】 @E27co

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録