ロボット・IoT開発のユカイ工学、住友生命と資本業務提携——妊娠期〜産後3ヶ月の世帯向けに家事育児支援サービスを実証実験へ

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

コミュニケーションロボットや IoT プロダクトを企画・開発するユカイ工学は、住友生命、モシーモ、三菱総合研究所と、妊娠期から産後3か月までの世帯を中心とした子育て応援サービスの実装に向けた取組みを始めると発表した。また、ユカイ工学は住友生命の CVC ファンド「SUMISEI INNOVATION FUND」から資金調達も実施する。調達額などは明らかにされていない。

ユカイ工学は、コミュニケーションロボットが家族の一員になることでウェルビーイングな社会の実現を目指し、2021年3月に次世代コミュニケーションロボット「BOCCO emo」(ボッコ・エモ)を発売、また、周辺サービスやデバイスとの連携を強化するためのプラットフォーム構築を目指し、2021年10月には「BOCCO emo APIs」を同年10月にリリースしている。

住友生命は、三菱総研が運営する未来共創イニシアティブ(ICF)の共創会員として2019年から参画しており、「産後うつを未然に防ぎ明るい子育て生活を応援する」というコンセプトのもと、三菱総研、ICF のスタートアップ企業会員であるユカイ工学、モシーモと共に検討を重ねてきた。

住友生命の構築してきたウェルビーイングに貢献することを目指す「WaaS エコシステム」と、ユカイ工学が提供する「BOCCO emo」を活用したサービスとの間にシナジーが期待できること、両サービスを通じて実現したいビジョンに親和性があることから、両社は双方の中期的な企業価値向上に繋がるとの考えから、業務提携に至ったという。

乳幼児を育てる夫婦は、心と身体に多くの負荷を抱えており、産前産後の母親のうち、10人に1人はうつ病の可能性があると言われる。今回のプロジェクトでは、ユカイ工学が販売するコミュニケーションロボット「BOCCO emo」および搭載している音声 UI を活用することで、子育ての孤独感や不安感を軽減し、夫婦間のコミュニケーション向上を目指す。実証実験は2022年8月頃の予定。

ユカイ工学は調達した資金を、ビジョンの実現に向けたロボティクスに関する研究開発や人材の採用・育成に充当し、将来的には上場を目指すとしている。

初めてユカイ工学代表の青木さんにお会いした時、ユニークな社名に驚き、しっぽだけのロボット(Qoobo)を見てさらに驚きました。そんな私たちも、いつしかユカイ工学の世界観とロボット達に魅了され、「コミュニケーションロボットこそ次のユーザーインターフェースの主流になる」というビジョンに共鳴しています。ロボット×生命保険というユカイな組み合わせで、人々を幸せに、世の中を豊かにするWell-Beingなサービスを創っていきます。(住友生命 上席執行役員兼新規ビジネス企画部長 藤本宏樹氏)

ユカイ工学では、「ロボティクスで、世界をユカイに。」というビジョンを一貫して掲げて製品づくりを手掛けてまいりました。(中略)ロボット型の UI(ユーザーインターフェース)の持つ特徴は、人の心を動かし、人に行動変容を促すことができるという点にあり、今後ロボットは、生活の習慣づけをサポートし、ウェルビーイングの実現に欠かせない役割を担うことになるでしょう。それを世界でいち早く実現させる取り組みとする決意です。(ユカイ工学 代表 青木俊介氏)

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録