インドのメタバース志向・未病プラットホーム「GOQii」、シリーズC延長でAnimocaから1,000万米ドルを調達

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドを拠点とするテクノロジーを使ったヘルスケアプラットフォーム「GOQii」は、シリーズ C のエクステンションラウンドで、香港を拠点とするブロックチェーンゲームユニコーン Animoca Brands から1,000万米ドルを調達した。また、GOQii は、Animoca Brands と提携し、新しい仮想トークンプログラム「Token」で、健康に特化したメタバース・エコシステムを開発している。

Photo credit: Goqii

顧客はこのアプリ上でタスクを完了することで、トークンを集めることができる。このトークンを使って、製品やサービスをアンロックしたり、NFT を購入したり、特別なイベントやゲームモードに参加したりすることができる。また、トークンを使って、健康に特化した商品、医療サービス、保険商品を割引価格で利用することもできる。また、メタバースでは、自分の NFT アバターを作成することで、他のユーザと交流することができる。

GOQii のメタバースへの進出は、2018年に開始した仮想報酬プログラム「GOQii Cash」をベースにしている。GOQii Cash は、同社のヘルスストアで割引に交換することができる。

Paytm 創業者の Vijay Shekhar Sharma 氏と Tata Group 名誉会長の Ratan Tata 氏も出資する GOQii は、2014年に設立された。

今回の発表は、GOQii が Sumeru Ventures がリードしたシリーズ C ラウンドで5,000万米ドルを調達したのに続くものだ。このシリーズ C ラウンドには、Modality、9Unicorns、Venture Catalysts、三井物産、The Times Group、Ascendo などが参加した。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録