ユニコーンクラス続出のクリプトファンド「gumi Cryptos」國光氏はどう見極めた/BRIDGE Tokyo Quote(1)

SHARE:

「BRIDGE Tokyo Quote」は1月19日に配信したオンラインイベント「BRIDGE Tokyo」で印象に残ったコメントをまとめたレポートです。全セッションの動画とレポートはこちらから、INTRO Showcaseでノミネートされた注目の106社についてはこちらから全社の概要がチェックできます。

2021年に自ら創業したモバイルゲーム開発のgumiを離れ、新たにVRゲームのThirdverse、トークン・クラウドファンディングのフィナンシェ、そしてクリプト(暗号資産)ファンドのgumi Cryptosという三つの顔を持つことになった國光宏尚さん。BRIDGE Tokyoのセッションでは新たにやってきたWeb3、メタバースの波のど真ん中にポジションしたことを踏まえ、次のパラダイムシフトで何が起こるのか、これまでの経験から見えている未来像を語っていただきました。本稿合わせて数回に分けて、印象に残ったコメントをQuote(クオート・引用)としてご紹介いたします。※コメントは一部省略・編集してあります。ノーカット版は動画をご覧ください。

セッション・チャプター

  • クリプト投資家としての顔
  • Web3.0の答え合わせ
  • GameFiと「Play to earn」

2017年から18年にかけて暗号資産市場を賑わせたのがICO(イニシャル・コイン・オファリング)でした。不可逆な台帳であるブロックチェーンと、自律的な契約を実現するスマートコントラクトの登場により、個人やプロジェクトはかつてないほど容易かつ世界的な規模で資金集め(クラウドファンディング)をすることができるようになったのです。一方、各国の規制は追いつかず、詐欺や草コインの登場で数多くのICOプロジェクトは見極め困難な状況に追い込まれます。

gumi Cryptosのポートフォリオ(1号ファンド・一部)

その状況において、OpenSea(マーケットプレイス・時価総額130億ドル規模※)やTHETA(動画・時価総額3,400億円相当)、Yield Guild Games(ゲームプラットフォーム・時価総額3,300億円相当)、Celsius Network(レンディング・時価総額900億円規模)などユニコーンクラスへの投資を成功させたのが國光さんらが立ち上げたgumi Cryptosでした。國光さんは投資にあたりどの点に注目したのでしょうか。※OpenSea以外はCoinmarketcapによる3月17日時点での発行トークンに基づいた時価総額

Q:國光さんは見極めが困難とされたクリプト系プロジェクトをどのように見極めたのでしょうか

國光:すごいシンプルで、ブロックチェーンもそうだけど結局、オポチュニティに投資したことはないのね。基本的にここの領域がくる!っていうのを確信して、その中でイケてる会社っていうのを探す感じ。ブロックチェーンが出てきた時に効率の良いデータベースって見るか、全く新しいイノベーションと見るかで見える景色が変わると思うの。効率で見ればコストを20%、30%削減するとかどうでもいい話になってしまう。けど、全く新しいテクノロジーとして見ると、ビットコインって出てきて14年ぐらいで百何十兆円、イーサリアムも出てきて8年、9年で五十兆円(※)っていうのが無から生まれてるじゃない。どっちがワクワクするかっていう話なんだと思うのね。※2021年12月収録時点での価格

ブロックチェーンじゃなきゃできないことって何だって言う話になってくるじゃない。そこを深く考えるっていうのが結構重要で、

【ここからはBRIDGE Members(会員)の方のみご覧いただけます】

続きを読む

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録