Play-to-Earn 総本山「YGG」が日本進出ーー国内でDAO型ゲームギルド展開へ

SHARE:

ニュースサマリ:ブロックチェーン技術を活用したトークンエコノミー事業を展開するForN(フォーン)は3月24日、世界的ブロックチェーンゲームギルド「Yield Guild Games(以下、YGG)」との提携を発表した。同社は今後、日本におけるYGGのパートナーとしてYGG Japanの日本におけるコミュニティ運営を担うことになる。

YGG Japanはこれに合わせて国内外企業及び個人との事業パートナーシップを公表している。提携(および出資)をしたのはInfinity Ventures Crypto、YGG・YGG SEA、アカツキ、doublejump.tokyo、CryptoGames、アリーバ・スタジオ、Kiii、Daysの各社と個人投資家として國光宏尚氏、森和孝氏、三宅裕之氏の3名。また、出資協議中としてAnimoca Brandsを挙げている。なお、YGG Japanへの出資方法や法人の形態などについては公表していない。YGG SEAはYield Guild Gamesが立ち上げた最初のsub DAOで、YGG Japanはその次のsub DAOとなる模様。

YGGはブロックチェーンゲームにおけるNFT(ノン・ファンジブル・トークン/非代替性トークン)を使ったDAO型ゲームギルドを世界的に展開しており、現在24カ国で10万人以上のプレーヤーを抱える。同社の特徴はスカラーシップモデルというブロックチェーンゲームにおける「レンタルモデル」を展開した点にある。

現在、人気のブロックチェーンゲーム「Axie Infinity(アクシーインフィニティ)」では、プレーヤーはゲーム内で獲得した「SLP」トークンのトレードや、育てたNFTキャラクターをOpenSeaといったマーケットプレイスで売買するなどして稼ぐ「Play to earn」が可能になっている。しかし、ゲームを開始するにあたってキャラクターを購入しなければならず、その価格はイーサリアムの高騰などで一時、日本円にして10万円以上になることもあった。

そこでYGGでは一時的にキャラクターをプレーヤーに貸し出し、その利益の一部を「レンタル費」として回収するスカラーシップモデルを考案した。結果、現在、このスカラーシップは2万人以上に拡大しており、Delphi DigitalやAndreessen Horowitz(a16z)、BITKRAFT、Infinity Ventures Cryptoなどの投資家から資金調達を成功させている。また、トークン(YGG)の一般公開セールスでは30秒ほどで1250万ドルの調達にも成功している。

YGGの日本進出で、Play to Earn型のゲームを提供するだけでなく、日本のゲーム会社が世界に向けてブロックチェーンゲームを立ち上げるサポートも実施するとしている。また、同社が得意とするギルドネットワークの日本拡大に向け、スカラーシップ体制の強化やギルド運営ツールの提供、ゲームに関する各種インセンティブプログラムの提供なども予定している。

今回、日本での運営にあたるForNは2021年12月創業のスタートアップ。サイバーエージェントを経て複数のゲーム開発・マーケティング、PRに携わった藤原哲哉氏が代表を務める。YGG Japanのコアメンバーとして藤原氏のほか、ForNの椎野真光、菊池顕樹も参画する。同じくコアメンバーとして参画するIVCの田中章雄氏は次のようにコメントした。

「Infinity Ventures Cryptoは、GameFi、DeFi、Web3.0の先駆的なスタートアップを支援し投資するために設立されました。当ファンドのパートナーは、2015年から暗号資産に投資し、業界が急速に進化する中で多くの企業をサポートしてきました。2021年8月以降、IVCはYieldGuildGames(YGG)や日本円ステーブルコインを発行するJPYC社など、多くのスタートアップに戦略的投資を行っており、現時点で既に100社以上に出資し、アジアで最もアクティブなクリプトVCになっています。AnimocaBrands社、DigitalCurrencyGroup社、Circle社、セガサミー社などからファンド出資を受けています。次世代の起業家を育成し、前進させることを目指しています。

IVCはPlay-to-Earnの可能性にいち早く着目し、草分け的存在であるYGGに出資した上、YGG SEAなどをYGGと共同設立し、積極的にPlay-to-Earnのモデルのグローバル展開に取り組んでいます。今まで日本市場におけるソーシャルゲームの立ち上げや投資経験を通じ、日本はPlay-to-Earnが爆発的に普及する可能性を秘めていると感じています。この度、ForN社とYGGと共にYGGJapanの立ち上げに参画できることを、大変光栄に思います」。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録