THE SEED、U29起業家向けカンファレンス「THE FUTURE」をリアル開催へ

SHARE:
2020年に開催された第1回「THE FUTURE」。完全オンラインでの開催となった。
Image credit: The Seed

シードスタートアップ向け VC ファンド THE SEED(The Seed Capital)は、2020年に続き、起業家のためのミートアップと知見共有のためのカンファレンス「THE FUTURE」を in-person 形式(有人リアル形式)で開催することを明らかにした。コロナ禍の2020年に開催された初回はオンライン形式だった。感染拡大はまだ落ち着いていないが、 代表の廣澤太紀氏によれば、起業家に同世代と話をする機会、先輩起業家にナレッジを共有してもらえる機会をを創出するため、今回はリアル開催にこだわったという。

2020年3月から、ずっと人に会えない状況が続いている。この2年の間に起業した人、プロダクトが伸びてきた人に、ぜひ直接会って、話ができる機会を作りたいと考えた。(廣澤氏)

カンファレンス参加は、若手ベンチャーキャピタリストから招待された起業家のみ。50名弱の参加者が集まっていて、ここからさらに人数を増やす予定は無いそうだ。4月23〜24日の2日間にわたり、某所で先輩起業家らがナレッジを共有する合計4セッションを開催する。この種のカンファレンスでは、上場を果たしたり、合併されたり、イグジット経験者らが登壇することが多いが、ローンチ当初から若手起業家をターゲットにしている THE SEED では、彼らと目線が近い同世代の経験豊富な起業家を講師に招いたという。

「THE FUTURE」サポートメンバーとなっている若手ベンチャーキャピタリスト
Image credit: The Seed

明らかになっている範囲では、以下のような先輩起業家が登壇する予定。それぞれの先輩起業家を招いた理由についても、廣澤氏に説明してもらった。

  • HOKUTO 五十嵐北斗氏 … 学生起業であり、医療という比較的にニッチな分野で、ユーザ数・シェア共にトラクションを伸ばしている。
  • BABEL 杉山大幹氏 … AI × SaaS でセールステックのドメインで戦うために、元上場企業の役員なども入り強い経営チームになりつつある。IT 有名経営者からエンジェル出資を受けた。
  • RATEL 吉村信平氏 … 高校生で起業。何もわからない中で起業しながらも、Z 世代よりも下の世代ならではの e スポーツという分野で着実に結果を出してきている。
  • DeNA 原田明典氏 …スタートアップやファンドなど、多くの若手創業を支援されており、若手起業家達からメンターとして慕われている。
  • クラスター 加藤直人氏 …注目を集める「メタバース」領域の事業「cluster」を2017年から展開。「バーチャル渋谷」の展開や「ポケモン」など有名 IP にも利用されている。
  • ROXX 中嶋汰朗氏 … 学生起業で toB 事業を展開。複数プロダクトを運営し、現在はリファレンスチェックサービス「back check」の展開などで急成長中である。

2018年9月に設立された THE SEED は10億円規模の1号ファンドを16社に出資してクローズし、現在は、1号ファンドを上回る15億円規模の2号ファンドを運用している。昨年11月時点で、2号ファンドからは14社に投資したことが明らかになっている。投資先のスタートアップの顔ぶれも多様化しており、今日、THE SEED にとって初の海外スタートアップへの出資となる、AI Communis への出資参加が明らかになった。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録