大企業の「ライトパーソン」を探し出せるBeatrust(ビートラスト)8億円調達ーー開始1年、大手中心に1.5万人利用

SHARE:

ニュースサマリ:タレントコラボレーションプラットフォームを展開するBeatrust(ビートラスト)は4月27日にシリーズAラウンドの増資を発表している。調達した資金は8億円で、引受先になったのはJAFCOをリードに、グローバル・ブレイン、MUFGキャピタル、SMBCベンチャーズの新規4社と、既存投資家として伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、One Capital、サイバーエージェント・キャピ タル、Delight Ventures、PKSHA SPARXアルゴリズム1号、みずほキャピタルの6社。また、Pinterestの初期投資家であるWilliam Lohse氏がエンジェル投資家として参加している。

Beatrustの創業は2020年。元Googleの久米雅人氏と原邦雄氏らが共同創業したスタートアップで、大手企業を中心に社員が自律的に行動し、イノベーションを生み出せる環境づくりを支援するプラットフォーム「Beatrust」シリーズを展開している。社内人材をスキルや経験値、過去の経歴などを可視化し、タグによって検索を簡易にしたタレントページ「Beatrust People」と、これらの社員同志をつなぐコラボレーション機能の「Beatrust Ask」が提供されている。リリースから1年の2022年3月時点でのユーザー数は1万5,000人。AGCやライオン、住友商事などの大手を中心に活用が進んでいる。

クローズドの社内SNS的な情報共有が利用の中心で、そこから独自のエンジンで投稿内容を解析し、自動的にキーワードを抽出してタグ化してくれるのが特徴。社内でプロジェクトに関わる「ライトパーソン」を探しやすくしてくれている。今回調達した資金で、開発・販売を進める。導入を検討する企業には利用が定着するまでのオンボーディングのプログラムも用意されている。

話題のポイント:創業から2年、ベテランスタートアップが順調にステージを次に進めてきました。Beatrustの原さん・久米さんたちの創業についてはこちらの記事で書いています。

正直、当時はまだステルス状態で、テスト的な導入は進んでいるものの全体像はよくわからなかったのですが、お聞きした感じだと非常にシンプルなプロダクトに仕上がっているようです。原さんたちがやりたいことは社内、特に数千人、万単位で人材を抱える大手企業中心にイノベーションのタネをつなぐことです。

こういったタレント検索みたいな仕組みはカオナビやタレントパレット、伝統的にはサイボウズあたりがずっと提供してきた価値観のひとつですが、イノベーション的「つながり」にフォーカスして社員同士のコミュニケーションを活性化させようとしている点が特徴的かもしれません。

というのも、多くのタレントマネジメントや社内SNSツールは、機能が多すぎたり、逆に汎用的すぎて何に使えばいいか分からない面もあり、使う側の目的を強く意識する必要があるからです。そういう意味で、Beatrustのフォーカスは使う側にとって理解がしやすいのでしょう。原さんや久米さんにお聞きしましたが、Slackなど社内コミュニケーションツールが溢れるなか、好評なのが自動のタグ付けなのだそうです。

タグ付は検索に重要な要素ですが、当然ながらめんどくさいです。ここを自動化することで、日常的な利用が自然と社員の可視化に繋がっていき、何か問題があった時に正しい人にたどり着けるようになっています。この辺りは元Googleっぽい体験なんだろうなと勝手に予想していますが。

ポッドキャストでは原さんに改めてお披露目になったBeatrustのプロダクトについてそのコンセプトや差別化ポイント、課題などをお話してもらいました。個人的にはSGI時代のテクノロジーイノベーション勃興期についても聞きたかったのですがそれはまたの機会ということで。

ポッドキャスト全文

BRIDGE編集部・ポッドキャストではテクノロジースタートアップや起業家に関する話題をお届けいたします。今回の取材ではタレントコラボレーションプラットフォーム「Beatrust」の原さんにお話を伺ってきました。

2020年創業のBeatrustは元Googleの原さんと久米さんたちが共同創業したベテランスタートアップです。シードながら3億円の資金を集めるなど投資家からの注目度も高く、今回、これまでステルスで開発・導入を進めていたプロダクトの一部がお披露目となりました。

社内人材の利活用は企業にとって重要なテーマですが、そこにGoogleで経験したオープンでイノベーティブな思想を反映させたのが、Beatrust PeopleとAskという二つのプロダクトです。大手中心に1万5000人が進んでおり、今回の調達資金でさらにその導入を加速させるというお話でした。ぜひ原さんの声をお聞きください。

ーー調達の概要からお話いただけますか?

原:今回、シリーズA(ラウンド)で8億円の調達を先月末に完了しました。リードインベスターはジャフコで新規は3社、グローバル・ブレイン、三菱 UFJ キャピタル、SMBC ベンチャーズという 4社に新規投資いただきました。既存のJ-KISS で 2 年前にシードラウンド調達してまして、その内の6社に投資をしていただきました。1人だけ個人投資家でWilliam Lohse 氏という著名なエンジェルに入っていただいてます。

平野さんとはほぼ創業直後からお話してるので背景はご存じだと思うんですけども、元々、私がGoogleにいた時に、イノベーションが起きるGoogleあるいはMicrosoftのようなアメリカの最大手IT企業と日本の大企業の差分が何かと疑問持ちました。結局その差分は2つに帰結するという仮説からBeatrustが始まっています。

まず 1 つ目が風土です。シリコンバレー風のオープンでフラット、コラボレイティブで高い目標設定を称賛しながらみんなで挑んでくという風土・カルチャー、これがイノベーションを起こすためのバックボーンとして重要だなと思いました。

もう 1 個は風土を後押しするデジタルインフラの内製が整っていること。ここが決定的にどの大企業も遅れてるなと。優秀な人は多いし、パッションを持っているのになぜうまく回転しないのか、そこの原因がこの2つにあると思いました。もちろん風土や文化を変えるのは大変です。

特に日本の大企業の場合、100 年、200年の歴史を持っていますし、今までのバックグラウンドがあります。ただ、イノベーションが起きるように体制を変えなきゃいけないと思っている企業はいっぱいあるので、そのような企業にインフラを提供することは、変革の後押しをできるのではないかというのがBeatrustのコンセプトです。

【ここからはBRIDGE Members(会員)の方のみご覧いただけます】

続きを読む

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録