CO₂排出量管理クラウドとクリーン電力のアスエネ、内外VC6社らからシリーズB調達——累計調達額は22億円に

SHARE:
アスエネの皆さん。前列中央が創業者で代表取締役の西和田浩平氏
Image credit: Earthene

CO₂排出量管理クラウド「アスゼロ」とクリーン電力「アスエネ」を展開するアスエネは、シリーズ B ラウンドで資金調達したことを発表した。調達額はエクイティで16億円、デットで2億円。このラウンドはシンガポールの政府系投資会社 Temasek Holdings 傘下の Pavillion Capital と GMO VenturePartners がリードし、Axiom Asia、インキュベイトファンド、STRIVE、環境エネルギー投資が参加した。なお、個社毎の出資額は不明だが、STRIVE の出資額はリードインベスターとほぼ同額だとのことだ。

今回のシリーズ B ラウンドに参加した投資家のうち、インキュベイトファンド、環境エネルギー投資、STRIVE はシリーズ A ラウンドにも参加していた。デットを含めこれまでのアスエネの累積調達額は今回ラウンドを受けて約22億円に達した。なお、今回の調達発表はシリーズ B ラウンドの 1st Close におけるもので、同社ではシリーズ B のエクステンションを続け、さらに数億円程度資金を追加調達する考えだ。

「アスゼロ」
Image credit: Earthene

アスエネは2019年10月、以前は三井物産で海外各地での再生可能エネルギー関連プロジェクトに従事していた西和田浩平氏により設立。再エネ100%、電力の地産地消、コスト削減を可能にするクリーン電力サービスと、CO₂ 排出量を見える化しカーボンオフセットを可能にするクラウドサービスを提供している。CO₂ 排出に関する現状を把握し、さらにそれの解決手段までをワンストップで提供できるスタートアップは、世界的に見ても稀有な存在であると西和田氏は自負する。

菅前政権の「2050年カーボンニュートラル宣言」が追い風となり、同社によれば、サービス全体の契約受注額が前年対比で6倍、契約社数5倍、アスゼロの契約受注額が月平均で+300%超と急速な成長を見せているという。アスゼロの普及には特に注力しており、3月現在約200社の導入社数を今後5年間で1万社にまで伸ばす計画だ。今回、Pavilion Capital と Axiom Asia が投資家に参加しているが、これは将来のアジア展開を念頭に置いたものだ。調達した資金の用途には、マーケティング施策の拡大のほか、アジア展開のための機能強化も含まれる。

アスエネが目指す将来や、この分野の事業可能性については、今週、転載公開された西和田氏とサイバーエージェント・キャピタルの北尾崇氏の対談をチェックしてみてほしい。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録