エンジニアスキル可視化「Findy」が15億円調達、海外エンジニア採用も強化へ

SHARE:
ファインディの体制は70名+から向こう数年で最大300名規模に拡大へ

ニュースサマリ:エンジニアスキルを見える化する採用プラットフォーム「Findy」などを展開するファインディは4月19日、第三者割当増資の実施を公表している。シリーズCラウンドで引受先になったのは既存投資家のグロ ーバル・ブレイン、SMBCベンチャーキャピタル、JA三井リース、みずほキャピタル、KDDI Open Innovation Fund(3号ファンド)と、新たにCarbide Ventures(カーバイド・ベンチャーズ)が参加している。調達した資金は15億円で、調達した資金でプロダクト開発を進め、現在正社員で70名ほどの体制を年内に倍近く、来年には200から300名体制に拡大させる。なお、今回新規投資家として参加したCarbide Venturesはトレジャーデータの創業者らが設立した投資会社。

ファインディが提供する「Findy」や、フリーランスと企業の業務委託マッチングを目的とした「Findy Freelance」の特徴は可視化の仕組みで、エンジニアはGitHubで蓄積した実務の結果を元に、自分のエンジニアとしてのスキルを年収などの指標で可視化できる。採用サイドは定性的な人物像だけでなく、定量的な視点で評価が可能になるため、採用の現場で導入が加速している。導入企業数は750社を超えており、登録しているエンジニアの数も8万人を超える。また、採用だけでなく、その後の社内におけるエンジニア組織の評価を目的とした「Findy Teams」も提供しており、こちらもトライアルの利用社数が100社を超えた。

また、今回の調達に併せ、海外向け展開「Findy Global」の正式なサービスインも伝えている。海外のエンジニアに対してスキル可視化を実施し、国内企業のエンジニア採用につなげる狙い。主にインド、バングラディシュ、ネパール、東南アジア、そして日本国内に居住する外国人エンジニアが対象になる。今年1月から実施したテストマーケティングでは3カ月で6,000名の海外エンジニアが登録しており、今後の拡大を見込む。

ファインディの主力サービス

話題のポイント:私の周辺でも非常に評判を聞くファインディが順調にラウンドを進めました。既存投資家のほとんどがこのラウンドにも参加していることからその期待値の高さが窺い知れます。同社代表取締役の山田裕一朗さんにポッドキャストでお話伺ってきましたが、やはり注目はグローバル展開です。早い。

Findy自体のインパクトはGitHub連携でエンジニアのスキルを可視化し、年収まで予測するという機能にあるのですが、これの真価を発揮するのがやはり遠隔で仕事に取り組む方や異文化の方ではないでしょうか。というのも、海外のエンジニアの方は日本在住に比較して言語や文化の壁もありますし、何よりも彼らが日本企業のことをよく知らない可能性も高いわけです。さらにコロナ禍も手伝って基本、リモート勤務が前提になるのでここに時差も加われば、ミスマッチの可能性は限りなく高くなってしまいます。

詳しくは山田さんの声を直接聞いてほしいのですが、海外エンジニアの方に特に好評なのが年収予測だそうです。海外の方は前述の通り、日本企業の全てを知ってるわけではないので、適正な評価をしてもらえるかどうかが事前にわかるこの機能を重宝しているというお話でした。

採用側の日本企業にとっても、Findyの利用実績があれば、ここでのスコアリングがどれぐらい信用できるかも把握しているので、遠く離れた異国のエンジニアであってもある程度信頼してお仕事を依頼できる、ということになります。テスト段階で既に6,000名が登録していることからも海外エンジニアの期待値の高さがわかりますし、もしかしたら国内におけるエンジニア不足解消の有効な手段になってくれるかもしれません。

ポッドキャスト全文

BRIDGE編集部・ポッドキャストではテクノロジースタートアップや起業家に関する話題をお届けいたします。 今回の取材ではエンジニア採用サービス「Findy」を展開されている山田さんにお話を伺ってきました。

2017年5月から「Findy転職」、2018年2月から「Findy Freelance」、2020年4月からエンジニア組織の生産性自動診断・生産性向上サービス「Findy Teams」β版を提供されています。今日、新たに15億円の増資を発表されました。

スタートアップにおけるエンジニア採用の話題は永遠とも言える課題で、私たちがこうやって取材する際、多くのスタートアップ経営者の方々がその目的に挙げるほど、各社、最も力を入れているテーマです。なぜこのファインディが支持されるのか、取材で山田さんにその反響や課題などをお聞きしました。

Findyについてまず教えていただいてもよろしいですか

山田:Findyは創業時からやってるサービスとして、ハイスキルなエンジニアと企業をマッチングする転職サービスです。それとハイスキルなフリーランスエンジニアと企業をマッチングする、この2つのマッチングのサービスから立ち上がってきてます。特徴としてはエンジニアのGitHubのオープンソース情報を解析して、スキルを偏差値化したりとか、そこから年収予測するみたいなところが強みになっていて、現在、8万人ぐらいユーザーがいて、導入社数も750社ぐらいといろんな会社さんに使っていただいています。

【ここからはBRIDGE Members(会員)の方のみご覧いただけます】

続きを読む

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録