Walmart傘下のインドEC最大手Flipkart、時価総額最大700億米ドルで米IPOを視野に

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Walmart 傘下の Flipkart は、IPO 評価額の目標を、600億米ドルから700億米ドルに引き上げたと、関係者の話としてロイターが報じた。以前は評価額を500億米ドルと見込まれていた。また、アメリカでの上場時期も今年ではなく、2023年前半を目指すという。

Image credit: Flipkart

同社が IPO 計画を延期しているのは、ヘルスケアと旅行予約という2つの新事業に基づく評価額の引き上げを狙っているためだ。

同社は今週初め、「Flipkart Health+」を立ち上げた。このサービスは、ユーザに対し、独立系販売者による高品質で手頃な価格の医薬品やヘルスケア製品へのアクセスを提供することを目的としている。多角化の一環として、Flipkart は昨年9月に旅行予約プラットフォーム「Cleartrip」も買収した

ロシア・ウクライナ危機も、Flipkart が上場計画を延期している理由の一つである可能性があるという。

インド市場では Zomato、Nykaa、Paytm など複数のテック企業が上場したが、今年は IPO ラッシュが一段落し、Mobikwik、Oyo、Delhivery といった企業がIPO計画を延期していると報じられている

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録