コーポレートガバナンス強化支援SaaS「KiteRa(キテラ)」運営、デット含め14億円をシリーズA調達——XTech Vらから

SHARE:
「KiteRa」
Image credit: Kitera

コーポレートガバナンスの強化をサポートするSaaS「KiteRa(キテラ)」を運営する KiteRa は13日、シリーズ A ラウンドで約14億円を調達したと発表した。このラウンドのリードインベスターは XTech Ventures が務め、三井住友海上キャピタル、DIMENSION、Sansan(東証:4443)、みずほキャピタルが参加した。

三井住友銀行と DIMENSION は、2021年4月の出資に続くフォローオン。なお調達金額にはデットが含まれる。今回ラウンドを受けて、KiteRa の累積調達額は約18億円に達した。

KiteRa はコーポレートガバナンスのベースとなる社内規程類の作成、運用、行政への電子申請など一連の業務プロセスを効率化する SaaS。同社では現在提供している社会保険労務士事務所向けサービス「KiteRa Pro」に加え、一般企業向けに「KiteRa Biz」を近日中にリリース予定。KiTeRa Pro は2019年8月にローンチし、2022年2月時点で800社以上の社会保険労務士事務所に導入されているという。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録