令和トラベルの「NEWT」ついに予約開始ーー篠塚氏が語る「かんたん」海外ツアー体験はじまる

SHARE:
2度のサービスリリース延期を乗り越え、ついに予約開始したNEWT

ニュースサマリ:デジタル旅行代理店の令和トラベルは4月5日、海外旅行ツアーパッケージが購入できる「NEWT(ニュート)」のツアー予約開始を伝えている。NEWTはデジタル版ツアーパッケージ購入サービスで、ユーザーはパスポートさえあれば、航空券の手配からホテル滞在までパッケージ化された海外旅行商品をスマートフォンから購入し、旅行を楽しむことができる。アプリのみでツアー予約が完了し、365日の最低価格保証を特徴としている。昨年12月にサービス自体は公表していたが、現在も続く感染症拡大に対する海外帰国後の隔離措置が0日になった段階でサービスインするとしていた。

サービス開始時点でハワイツアーから予約販売を開始する。300以上のパッケージツアーを用意しており、一例として「成田発、ハワイアン航空利用の2つ星ホテルに泊まる5日間・2名1室利用」は1名13万9,000円から提供される。ツアーの対象となる地域は今後、順次拡大される。

なお、ここで言われる隔離措置0日は、今年3月1日に厚生労働省から発表された「入国後の自宅等待機期間の変更等について」に基づくもので、指定国・地域以外から帰国・入国する人で、かつ、ワクチンを3回接種していることができる証明書を保持していることを条件に、入国後の自宅待機期間が0日になったことを指している。同社では今回の予約開始に伴いキャンペーンなども開始する。

話題のポイント:令和トラベルの代表取締役、篠塚孝哉さんに今回の予約開始についてお話を伺ってきました。詳しくはこちらのポッドキャストで直接、篠塚さんの声をお聞きいただきたいのですが、他の旅行サービスとの差別化ポイントとして「かんたん」をかなり強調していたのが印象的でした。篠塚さん曰く、これまで人気を博してきたテックサービスの全てにおいてこの「かんたん」という体験が共通しており、これを軽視できないというのです。この辺りは実際に予約する機会があればぜひ一度体験してみたいと思います。

それと今回、私もやや誤解していたのですが、彼らの提供するサービスは「ツアーパッケージ」です。よく似たサービスとして、ExpediaやBooking.comといったオンライン・トラベル・エージェンシー(OTA)のサービスがあるのですが、これらはあくまで自分で航空券とホテルを一緒に予約できるサービスです。例えばサービスのインターフェースも似ているのですが、希望する日付やエリアを選んだ場合、OTAではホテルが中心にリストされていきます。他方、NEWTでは当然ですが、パッケージされたツアーが並びます。

私が普段、このツアーパッケージを利用していない人だったため「ん?OTAサービスと何が違うんだ」と直感的に理解できていなかったのですが、彼らが体験を変えようとしている対象は、あくまで既存のツアーパッケージのサービスです。街中で見かける、ラック一面にずらりと並んだ海外旅行ツアーのチラシ、あれです。

あれがスマホ一発で(しかもお得に)買えるようになった、とイメージするのが正しいです。

NEWTが企画するヨーロッパアートをめぐるツアー

さて、一方であのラック一面のチラシが旅行心をくすぐるのも事実です(買ったことないけど確かに手に取ったことはあります)。スマホの画面であの楽しさをどうやって表現するのか、その点について篠塚さんは二つの可能性についてアイデアを教えてくれました。一つはこの「ART TOUR(アートツアー)」に見られるようなツアーサイトのリッチ化です。あのチラシから感じたわくわく感をロングレターの形式で表現しようとしています。こちらのページはまだ予約開始前ということだったのでLINEでの予約対応となっていますが、今後、これがNEWTに紐付けされ、「ここ行きたいわ」となったら即そこからスマホで予約できるようになるというお話でした。

そしてもうひとつがリアル店舗の可能性です。篠塚さんはデジタルエージェンシーだからとデジタルに閉じこもる必要はなく、リアルでの展開もオペレーションが可能になれば検討したいとされていました。ポッドキャストではそのほかにも予定している機能や、リリースが延期された際にどうやってチームのモチベーションを保ったのかなどについてもお話いただいています。

※BRIDGE Membersの方にはポッドキャストの書き起こしを配信いたします。

【ここからはBRIDGE Members(会員)の方のみご覧いただけます】

続きを読む

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録