コーディング試験サービス「HireRoo」運営、2億円をプレシリーズA調達

SHARE:
「HireRoo」
Image credit: HireRoo

<31日午後1時更新> フォローオン投資家の記述に誤りがあったため訂正。

コーディング試験サービス「HireRoo(ハイヤールー)」を運営するハイヤールーは31日、プレシリーズ A ラウンドで2億円を調達したと発表した。

このラウンドに参加したのは、デライト・ベンチャーズ、Coral Capital、Primal Capital。デライト・ベンチャーズと Coral Capital Primal Capital は前回ラウンドに続くフォローオン。この調達を受け、同社の累積調達額は2億4,100万円に達した。

HireRoo は、エンジニア採用におけるミスマッチを防ぐコーディング試験サービス。GAFA の実践する採用プロセスを導入することでスキルの定量評価を実現した。2021年3月末にβ版ローンチ、2022年1月に正式ローンチし、現在の導入企業数は約50社、累計選考数は3,000件を突破している。

同社では今回調達した資金を、開発・運営組織の強化、それに伴う機能拡充、顧客サポート体制の整備に活用する予定。また、選考としての試験活用に加え、社内エンジニアの評価・育成に向けたサービスもリリースする予定だ。

<関連記事>

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録