傘シェアリング「アイカサ」運営、大企業8社と「2030年使い捨て傘ゼロプロジェクト」をローンチ

SHARE:
左から:ryuchell、前森道之氏(旭化成ホームプロダクツ ライフイノベーション事業本部 消費財マーケティング室長)、 古川裕子氏(NOK 執行役員 コーポレートアフェアーズ担当)、阪本雄一氏(大阪ガス イノベーション推進部部長)、 内田雄作氏(サントリーホールディングス サステナビリティ推進部 部長)、山谷秋晴氏(第一生命保険 総務部長)、則武里恵氏(パナソニックグループ 100BANCH、百番地 代表理事)、山口敦史氏(丸井グループ アイカサ共創チーム チームリーダー エポスカード取締役 営業本部長)、藤内省吾氏(Rethink PROJECT 推進責任者)、丸川照司氏(Nature Innovation Group 代表取締役)
Image credit: Masaru Ikeda

傘シェアリングサービス「アイカサ」を提供する Nature Innovation Group は31日、都内でプレスイベント開催し、大企業8社と合同で使い捨て傘ゼロに向けたプロジェクトをローンチすると発表した。6月の環境月間、および、来週前後に予想される梅雨入りを前に、各社との共同で開発したオリジナル傘、協業する内容について明らかにされた。

このプロジェクトに共同で取り組むパートナーは次の8社。

  • 旭化成ホームプロダクツ
  • NOK
  • 大阪ガス
  • サントリーホールディングス
  • 第一生命保険
  • 100BANCH(パナソニックグループ)
  • 丸井グループ
  • Rethink PROJECT

アイカサは1日70円で各地の貸借スポットから傘をレンタルできるシェアリングサービス。現在、貸借スポットは1,000カ所ほど。同社では今回のプロジェクトを通じて、2024年には貸借スポットを1,000駅以上、2030年には全国で25,000カ所にまで増やしたい考えだ。これは、突然の雨の際に傘を購入する場所として使われるが多いコンビニエンスストア50,000店舗の半分の数値に相当する。

自身がプロデュースしたコラボ傘を披露する ryuchell
Image credit: Masaru Ikeda

パートナー各社は、Nature Innovatioon Group と共同開発するコラボ傘の製造に必要なコストを一部負担することで、SDGs へ取り組んでいる姿勢を消費者に訴求することができる。また、パートナーの従業員全員、パートナーのステークホルダー1万人まではアイカサを無料で利用することができる。

Nature Innovation Group は2018年1月の創業、同年12月にアイカサをローンチした。2018年12月にシードラウンド、2019年6月にプレシリーズ A ラウンドで3,000万円を資金調達。2019年には Incubate Camp 12th、B dash camp 2019 Spring in Sapporo の「Pitch Arena」に採択された。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録