Reti:ベトナム発、ユーザがプロ並みに不動産仲介できるアプリ「RETIZY」運営【CyberAgent Pitching Arena登壇社紹介】

SHARE:

本稿では、5月25日にサイバーエージェント・キャピタルがオンライン開催する「CyberAgent Pitching Arena」の登壇スタートアップ9社を順にご紹介します。

サイバーエージェント・キャピタルは世界各国に持つグローバル拠点ネットワークを活かし、東南アジアのスタートアップと国内外の有力ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家を繋ぐことを目的として、CyberAgent Pitching Arena を半年に一度開催しています。

2019年にジャカルタで開催した海外版「Monthly Pitch」、2021年1月に開催した第2回目となる東南アジア版「Monthly Pitch Asia」に続き、2021年9月に開催された第3回から「CyberAgent Pitching Arena」になりました。

  • 日時:2021年5⽉25⽇(水)15:00~17:00 (オープニング・10社のピッチ)
  • 場所:オンライン(ZOOM)
  • 言語:日本語・英語
  • 観覧方法:審査制(観覧応募フォームよりお申し込み)
  • 観覧応募締め切り:5月24日(火)18時

Reti

「Reti Hub」
Image credit: Reti

Reti は、2018年にベトナム・ハノイで設立されたプロップテック(不動産テック)スタートアップだ。不動産仲介者向けアプリ「RETIZY」と、主要都市で不動産取引所「Reti Hub」を展開している。同社は不動産デベロッパと提携し、技術や販売代理店のネットワークを構築。2020年には、取引総額で1億3,000万米ドルを記録した。

RETIZY はを使うことで、Reti から不動産仲介に関わるサービスの支援が得られ、ユーザはプロ並みに不動産売却の仲介を行うことができる。依然として不透明性や情報の非対称性が指摘されるベトナムの不動産業界で、仲介業者と顧客が効率的かつ便利に不動産を売買できるようサポートする O2O(Online to Offline)プラットフォームを目指す。

Reti は今年4月、シードラウンドでサイバーエージェント・キャピタル(CAC)と VIC Partners から資金調達した。調達金額は明らかにされていない。調達した資金を使って、Reti は Reti Hub のベトナム全国展開などを目指している。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録