「Axie Infinity」開発元、「Builders Program」に採択された12プロジェクトを発表

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


Play-to-Earn(遊んで働く)ゲーム「Axie Infinity」を開発する Sky Mavis は、Axie のエコシステムにユーザ生成コンテンツを導入する「Builders Program」に採択された12プロジェクトを発表した。

Builders Program は、コミュニティが作成するゲームや体験のための実験室として機能する。このプログラムは、Axie Infinity コミュニティがプラットフォーム上でゲーム体験やツールを作成する能力を強化するのを支援するコミュニティ開発者に報酬を与えることを目的としている。

「Axie Infinity」
Image credit: Sky Mavis

プログラムに選ばれたチームは、プロジェクトに必要な Axie Infinity のガバナンストークン「AXS」最低10,000米ドル分の付与、Ronin シングルサインオンや Ronin ウォレットトランザクションなどの技術連携への独占アクセス、エンジニアリング、ゲームデザイン、プロダクトチームからの指導を受けることができる。

Axie Infinity のゲームプロダクトリード Philip La 氏は次のように述べた。

コミュニティの共創は、Axie Infinity のエコシステムの指針となる北極星であり、時間をかけてスケールバリューを生み出す基本的な推進力となる。

また、選ばれたチームは、Axie Infinity の知的財産を使用してゲームを収益化することができ、構築者への報酬を目的とした「寛大な」収益共有モデルも用意されている。また、Sky Mavisは、コミュニティ内でビルダーのプロジェクトを促進する予定だ。

Builders Program に採択されたプロジェクトは以下の通りだ。

  • Inter the Dungeon …… ダンジョンクローラーゲームで、プレイヤーはスムーズラブポーション(SLP)トークンとデイリーエネルギーを使って、異なるテーマのダンジョンに入り、解決していくゲームだ。明らかになった部屋を解決しなければ負けとなり、その実行で集めたものも失われる。
  • Defenders of Lunacian Land …… 自動で攻撃する Axie  を操作し、敵と戦うサバイバルアクションゲーム。
  • Axie To The Moon …… Axie Infinity で無限の宇宙を旅するアクションシューティングモバイルゲーム。
  • Hungry Axie …… Axie の種類によって、Axie を食べ合うゲーム。他の Axie を食べて大きくなった Axie ほど、より多くのポイントと SLP トークンを獲得することができる。
  • Axieology …… Axie との絆を深め、食べ物を食べたり、植物を育てたりして過ごすゲームだ。プレイヤーは Axie と一緒にタワーを建設し、キメラと呼ばれる戦闘生物とバトルすることができる。
  • Lunacia Cup …… 土地に広がるなだらかな丘や険しい山々をペットがレースやランニングを行い、そのスキルを競うゲームだ。
  • Run Axie Run …… Axie を使って資源を集め、敵と戦いながら、どの Axie が一番遠くまで走れるかを競うゲームだ。
  • AxiePop …… Axie を弾き飛ばして敵を倒し、報酬を獲得する無料ゲーム。
  • Axie Infinity War …… 10人のプレイヤーが互いに戦い、報酬を獲得するバトルロワイヤルゲーム。Axie コミュニティが Axieと SLP を使ったゲーム経験を試すために、新しいジャンルに挑戦するゲームだ。
  • Axie Brawl …… 各プレイヤーが Axie 1台を操り、チームメイトと協力して相手と戦略を練り、チャンピオンを目指すゲーム。Axie のパーツや装備、マップのバリエーションが豊富なため、その場で戦略を変えながら、毎回ユニークな試合を楽しむことができる。
  • Mech Infinity …… Axie ホルダーがアクシーメックを入手し、バトルに参加して SLP、AXS、NFT などの仮想通貨で報酬を獲得するバトルロワイヤルゲームだ。
  • Across Lunacia …… アクシーを所持していれば、無料で冒険に出かけることができるピクセルアートゲーム。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録