日本からYC選出は10年ぶり、世界のDX推進「テイラー」を創業したのはあの連続起業家

SHARE:

ニュースサマリ:業務ソフト開発基盤を開発中のテイラーは6月2日、スタートアップ・アクセラレーター「Y Combinator(以下、YC)」に採択されたことを公表している。YCはこれまでにバケーションレンタルのAirbnb(W/2009)やクラウドストレージのDropbox(S/2007)、暗号資産大手のCoinbase(S/2012)、デリバリーのDoorDash(S/2013)など、2005年の開設から17年間で約3,000社のスタートアップを輩出し、これらの合計評価額は約4,000億ドルになる世界トップクラスのスタートアップ支援機関。

同サイトに掲載されている卒業生データベースによると、日本拠点での採択企業は10年ぶり(前回は2012年参加のFond/旧AnyPerk)。テイラーが参加したのは2022年のサマーバッチで9月のDemo Dayに向けて現在開発中のサービスのブラッシュアップを進める。

テイラーの創業は2021年7月。連続起業家の柴田陽氏とメルカリの研究開発組織「mercari R4D」の責任者を務めていた高橋三徳氏が共同創業した。二人2011年にスポットライトを共同創業した経験があり、開発した来店ポイントサービス「スマポ(現在の楽天チェック)」は2013年に楽天に買収されている。柴田氏はその後もサービス開発やエンジェル投資などの活動を続け、2016年11月には貸付ファンドのファンズ(旧クラウドポート)を共同創業した。

話題のポイント:「しばよう」の名前で愛されているヒットメーカーが再登板です。今回はスポットライト時代にタッグを組んだCTOの高橋さんと共同創業で、初っ端からYCバッチ入りするなどこれまでとは違う切り口でやってきました。何をやるのか、詳しくはしばようさんのインタビューをお聞きいただきたいのですが、かいつまんで説明しておくと、業務システム開発における「ローコード」バックエンドのようなイメージです。

現在、いろいろなビジネスプロセスはデジタル化、いわゆる「DX」が進んでいますが、このベースとなるサービスは完全スクラッチ開発の専用システムか、スプレッドシートなどの汎用、もしくはある程度標準化されたクラウドサービスのいずれかになると思います。専用は開発費がかさみ、汎用や標準化されたクラウドサービスは「痒い所に手が届かない」もどかしさがあります。

その間を埋める考え方で生まれたのがローコード・ノーコードツールです。テンプレートが用意されており、自社の業務に合わせてレゴブロックしていくと、おおよその業務を補完することができるようになります。一方、この考え方はフロントサイド、つまりWordPressでウェブサイトを作るなど「見た目」があるケースが多かったと思います。

テイラーが手がけるのはこのバックエンドサイドの話です。まだ開発・テスト導入中なので説明が難しいですが、例えば会社業務の中でも稟議申請などある程度、標準化されているワークフローがあります。こういうもののフロントではなくデータベースなどバックエンド側をレゴブロックしよう、という考え方がテイラーなのです。

しばようさんの手応えとしては、フルスクラッチで業務システムを開発するよりも10分の1程度の工数に効率化できるとのことだったので、主に中小企業で汎用ツールでのデジタル化に踏み切れない企業にとっては「穴を埋める」ポジショニングになるかもしれません。

ポッドキャスト全文

BRIDGE編集部・ポッドキャストではテクノロジースタートアップや起業家に関する話題をお届けいたします。今回の取材では日本を代表する連続起業家、テイラー代表取締役の柴田さんにお話を伺いました。

現在、楽天チェックとして知られる来店ポイントサービス「スマポ」や貸付ファンドの「ファンズ」など、数多くのヒットを生んだ起業家が次に選んだテーマは経済のデジタル化。そして何よりの注目は世界的なスタートアップ輩出機関であるY Combinatorの2022年バッチに採択されたことです。

現在、9月のDemoDayに向けてサービスのブラッシュアップを続けるテイラー。その名前の通り、業務システム開発を効率化するバックエンドサービスはどのようなものになるのでしょうか。ぜひ柴田さんの声をお聞きください。

柴田さんのこれまでを振り返ってもらってもいいですか

柴田:一番最初に学生起業をした後、マッキンゼーに入社して3年働いて、バーコード価格比較アプリ「ショッピッ」を作ってIMJ、今のアクセンチュアに売却をしました。その後、店舗集客サービス「スマポ」という来店ポイントアプリを作って楽天に売却をし、これで2013年ですね。その後ファンズという会社を共同創業したり、「わたし漢方」という漢方の相談のサブスクリプションサービスを一緒にやったりなど、今いくつか会社をやりながら、まあその間ですね。実は楽天に売却してロックアップが終わった後、次に自分がフルスイングでやるテーマをあれこれ6年間ぐらい探し続けていてようやくみつかった、という感じです。

6年間も

柴田:長考しましたよ。はい、結構その「ショッピッ」から 「スマポ」 の間が全然空いてなくて結構ノリ始めたので、後悔じゃないんですけど、まあどうせやるなら、うまくいかなくても3年ぐらいかかるので、吟味するのがすごく大事だなっていう風に思ったのもあって。この間に実は7つぐらいプロジェクトこっそりやって閉じてみたいなことを実際やってました。(その中で)このテイラーというサービスに行き着きました。

創業したテイラーについて教えてください

柴田:エンタープライズで3,000人以上ぐらいの大企業が社内で使う業務システムをテーラーメイドで自社製のシステムを作りたいと思った場合、作る工数を10分の1ぐらいにする開発基盤というのを作っております。

Tailor Platformというプラットフォームで、平野さんの言葉を借りると「スケルトンハウス」的な考え方でバックエンド側の重要な業務システムにおいて重要なコンポーネント自体を提供して、どれでも好きなものを組み合わせて使っていいですよと。フロントエンドはネイティブアプリだったりウェブアプリだったり、はたまたAIがあったりするかもしれないんですけれども、バックエンドをどのように叩くかということに関しては、まあクライアントさん自身が工夫して作ることができるという形になってます。

【ここからはBRIDGE Members(会員)の方のみご覧いただけます】

続きを読む

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録