自動車のGeely(吉利)、スマホ製造Meitu(美図)を買収へ——中国スタートアップシーン週間振り返り(6月13日〜6月17日)

SHARE:
福建省アモイにある Meitu 本社(2016年3月、撮影:池田将)

本稿は、Technode(動点科技)が、6月13日〜6月17日に配信した「News Feed」記事の中から主要ニュースを翻訳したものです。

New Oriental(新東方教育)、ライブコマース事業の成功で株価急騰(6月15日)

New Oriental(新東方教育)の株価は、先週末のライブストリームによる EC セッションが話題となり、13日から香港市場で約50%上げて急騰している。15日午前現在、同社株は19.2香港ドル(約330円)で取引されている。しかし、昨年7月に中国の家庭教師業界に対する取り締まりで打撃を受ける前、同社は昨年6月に1株約50香港ドル(当時のレートで約700円)だったので、それをまだはるかに下回っている。New Oriental のライブ配信部門 Oriental Select(東溢匯駿)は、ライブ配信中にホストが短時間の無料英語指導を始めてから、短編動画アプリ「Douyin(抖音)」で500万人以上のフォロワーを獲得した。Oriental Select の売上は、12月のローンチから半年間で100万人民元(約2,000万円)未満だったのが、14日には4,500万人民元(約9億円)まで跳ね上がった。財新

Bytedance(字節跳動)の VR 事業、アメリカで展開準備中(6月14日)

Bytedance(字節跳動)の VR 部門 Pico がアメリカ進出の動きを見せていると、Protocol Entertainment が10日に報じた。ByteDance はアメリカで営業、コンテンツ制作、研究開発など40以上のポジションの求人情報を掲載し、その多くがコンテンツに特化した事業体 Pico Studios に関連するポジションであることがわかった。また、Pico は5月に新型ヘッドセットをヨーロッパに導入し、ヨーロッパの VR コンシューマ向けヘッドセット市場に初めて参入した。IDC のデータによると、Pico は2021年の VR デバイス販売台数の4.5%を占めて世界第3位となっているが、ライバルの Oculus は中国企業をはるかにしのぎ、販売台数の78%を占めている。Protocol Entertainment

Tencent(騰訊)、インド EC 大手 Flipkart の株式2億6,400万米ドル相当分を取得(6月14日)

中国のテック大手 Tencent(騰訊)が、インドの e コマース大手 Flipkart の共同創業者 Binny Bansal 氏から2億4,600万米ドル相当の株式を購入したと、Econoic Times が公式文書を引用して報じた。Tencent は2021年7月、同社がシンガポールの政府系ファンド GIC、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2、Walmart などから36億米ドルの資金調達を発表した際の時価総額は376億米ドルだったので、Tencent が取得した株式は0.72%を占めることになる。Tencent の取引は、Flipkart が法人格を持つシンガポールで2021年10月に完了したが、インド当局には今年度初めに報告した。2020年、インドは中国との国境衝突を受け、Tencent、Alibaba(阿里巴巴)、Bytedance(字節跳動)など中国企業が開発したさまざまなアプリを禁止した。Economic Times

自動車メーカーの Geely(吉利)、スマホメーカー Meitu(美図)の株式過半数を取得へ(6月13日)

中国の自動車メーカー Geely(吉利)は、Alibaba(阿里巴巴)が支援する中国のスマートフォンメーカー Meitu(美図)株式の79%以上を購入する計画であることが、中国の市場規制当局に提出された文書で明らかになった。買収後、Alibaba は Meitu 株式を清算する予定だ。Meitu の創業者 Huang Zhang(黄章)氏の持ち株比率は、約49%から10%に減少することになる。今年1月の報道で、Geely が Meitu を買収する意向であることが初めて明らかになった。13日に提出された書類には、2021年の中国のスマートフォン市場で、Meitu のシェアが5%未満であることも明らかにされている。中国国家市場監督管理総局

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録