Yay!がゲームコミュ「Lobi」譲受、統合へーー石濱氏に聞くWeb3対応「必要なもの」

SHARE:
取材に応じてくれたナナメウエ社代表取締役の石濵嵩博さん

ニュースサマリ:通話コミュニティ「Yay!(イェイ)」を運営するナナメウエは6月1日、カヤックが運営するゲームコミュニティ「Lobi」を事業譲受したと発表した。Lobiは今後、7月末日を目処にサービスを終了し、Yay!に統合される見通し。Lobiはゲーム仲間とプレイ交流やトーナメント開催ができる無料のコミュニティで、累計登録者数は700万人。2019年にはボイスチャット機能が追加された。

サービス統合にあたり、Yay!では不足した機能などの追加開発も実施する。事業譲受にあたる費用は非公開。ナナメウエは4月にシリーズBラウンドで16億円の資金調達を発表しており、また、国内で新規トークンを発行するIEOに向けた準備も公表している。本誌では同社代表取締役の同社代表取締役の石濵嵩博氏にその狙いなどを聞いた。

話題のポイント:4月に資金調達と新規トークン公開(IEO:イニシャルエクスチェンジオファリング)を発表したナナメウエが早速の攻勢をかけてきました。国産ゲームコミュニティLobi自体は閉じてしまうのですが、石濱さん曰く、おおよその機能は実装されているので、今後は順次、不足分を補いつつ、ユーザー統合していくのだそうです。

そして気になるのはやはりトークン対応です。Yay!は前回お伝えした通り、IEOを控えて現在、ホワイトペーパーを作成中です。ほぼトークノミクスは固まっているみたいで、おそらく、NFT会員証+(ガバナンス)トークンの設計で、参加したユーザーと一緒にYay!メタバースを運営する、そんなイメージになると思われます。今回のゲームコミュニティ事業の統合はその一環とみてよく、集まったNFT会員がどのような活動を繰り広げるのか楽しみです。やはり足元のコミュニティを持っているスタートアップがWeb3対応すると強いですね。

さて、前回に引き続き石濵さんにポッドキャストで語っていただきました。今回は、つい先日大きなショックをもたらしたLUNA/Terraプロジェクトについて、事業者としてどのような視点を持っているかについてもお聞きしています。

ナナメウエがカヤックから事業譲受したLobi

ポッドキャスト全文

BRIDGE編集部・ポッドキャストではテクノロジースタートアップや起業家に関する話題をお届けいたします。今回の取材ではカヤックのゲームコミュニティ「Lobi」を事業譲受したナナメウエ代表取締役の石濵嵩博さんにお話をお伺いしました。

4月に16億円の資金調達とIEO、新規トークン公開の計画を明らかにしたナナメウエですが、次の一手として選んだのはゲームコミュニティの統合でした。累計700万人が集ったLobiを統合し、さらにここにトークン経済を持ち込むことで日本発・独自のメタバースを作り出すのが狙いと思われます。

一方、LUNAプロジェクトの崩壊をきっかけとした新たな課題も明らかになっているクリプト事業ですが、その状況をどのように考えているのか、その点についてもお聞きしました。ぜひ石濵さんの声をお聞きください。

今日はよろしくお願いします。Lobiの件の前にLUNAで発生した出来事、石濵さんはどうみてますか?

石濱:大変なことが起きてしまったな、と思っていて、要はクリプトの世界と日本の世界と対比して話すと、クリプト国は自己責任が一番大きいかなと思っていて、日本社会はどちらかというと弱者救済に寄っていますよね。だからこそ規制があったり弱者を守れるための仕組みっていうのが整っているのが日本社会だなと。そこがやっぱりクリプト国と日本国で大きく違うところです。

LUNAもとんでもなく大きい事件だなという風には思うんですが、一方で自己責任論みたいなものが行き過ぎた結果、こういったことが起きてしまったのかもしれないなっていうのはちょっと思っています。結局のところ、どうバランスをするかっていうお話なんですが、ソースコードもオープンソースで色々な情報が透明化されていて、アルゴリズムも公開されていて一応見れる範囲で見ることができているので、僕たちには’判断する材料って一定あったと思うんです。

20%の金利(※プロジェクトに預けた際に謳われていたリターン)みたいなものがあった時、やはり高いんでこれは何らかのリスクが孕むでしょう、みたいなところはあったと思います。で、この金利が高いからこそ、Anchorにお金を預けていた人たちっていうのが沢山生まれて、その大元となるステーブル(コイン:USD)の部分に欠陥があって、こういう事件になってしまいました、っていうのが全然流れかなと。自己責任でどこまで規制すべきだったんだという部分は堂々巡りで僕の頭の中にも巡ってきていて、どの辺で線を引くべきだったのかな?という感想を持ちながらこの件は見ていますね。

クリプト関連はDYOR(自己責任、自分で調べろ)が王道ですが、実際にこれから手掛けようとしている事業体として規制などの課題にどう対応していますか

【ここからはBRIDGE Members(会員)の方のみご覧いただけます】

続きを読む

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録