カスタマーサクセスプラットフォーム「coorum(コーラム)」運営のAsobica、27.2億円を調達

SHARE:
Asobica の皆さん
Image credit Asobica

カスタマーサクセスプラットフォーム「coorum(コーラム)」を開発・提供する Asobica は26日、直近のラウンドで27.2億円を調達したことを明らかにした。ラウンドステージは不明。

このラウンドに参加したのは、Eight Roads Ventures Japan、Salesforce Ventures、電通ベンチャーズ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム、みずほキャピタル、あおぞら企業投資、PKSHA Technology とスパークス・グループが運営するファンド、千葉道場ファンド、サイバーエージェント・キャピタル、三菱 UFJ キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタル。

今回参加した投資家のうち、PKSHA Technology とスパークス・グループが運営するファンド、千葉道場ファンド、サイバーエージェント・キャピタル、三菱 UFJ キャピタル、SMBC ベンチャーキャピタルは以前のラウンド(詳細不明)に続くフォローオン。また、2018年4月には、KSK Angel Fund、East Ventures、Japan Angel Fund、個人投資家複数から資金調達している。

Asobica は2017年9月の創業。2018年にユーザコミュニティ構築サービス「fever」をローンチ。その後、coorum をローンチした。主力サービスの coorum は、ロイヤル顧客を蓄積・分析できるプラットフォーム。「企業と顧客がつながる場」の提供によって、収益貢献の高いロイヤル顧客を生み出すためのドライバーを理解し、売上拡大に向けた一手を見出すことができる。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録