キャッチコピーや商品説明文を自動生成、超高精度言語AI「GPT-3」を使ったコピーライター「Catchy」が登場

SHARE:
「Catchy」
Image credit: Digital Recipe

昨年12月、Google スライドや PowerPoint から Web サイトを構築できるサービス「Slideflow」を取り上げたところ話題となったが、これを開発したデジタルレシピ(旧社名 yagocoro)が新たなサービス「Catchy」をローンチした。名前からも少し想像がつくかもしれないが、商品名や商品説明からマーケティングに最適なキャッチコピーを生成してくれるサービスだ。

Catchy は、Elon Musk 氏らも出資する OpenAI が開発する自然言語処理モデル「GPT-3」をベースに作られた AI コピーライティングサービス。キャッチコピーの他にも、商品説明文、新規事業アイデアなど100種類を超えるアウトプットパターンが用意されていて、用途に応じたメッセージを生成することが可能だ。

デジタルレシピの伊藤新之介氏によれば、Slideflow を運営する中で GPT-3 にハマり、Slideflow の派生サービスとして、GPT-3 を活用したコピーライティングツールを作ることにしたという。元々は Slideflow の機能に組み込むアイデアもあったようだが、サービスとしての完成度とクローズ公開時のユーザの反応が良かったことから、独立したサービスとして公開した。

Catchy を使って、BRIDGE のキャッチコピーを作ってみた。
Image credit: Digital Recipe

Slideflow を公開してからユーザの行動を見ていると、イメージやレイアウトは作れても、適切なテキストやタイトルを作り出すのに、ものすごく困っている人が多かった。GPT-3 を使ったサービスは昨年来、英語圏では急成長し、Y Combinator が輩出した WriteSonic、ローンチから1年で年間売上高240万米ドルを弾き出した copy.ai、EC に強い CopySmith などが台頭している。

レッドオーシャン化している海外とは対照的に、日本国内にはそんなサービスが無かったので作ってみた。6月30日に公開したところ、公開から6日間でユーザは1,800人に達し、現在はすでに2,000人を超えている。GPT-3 は、与えらえた情報から空気を読むのが上手く、空気を読んだ文章を作ってくれるのがポイント。記事作成、広告文、EC サイトの説明文作成などに利用されている。(伊藤氏)

デジタルレシピが Catchy のターゲットユーザに据えるのは、Google や Facebook 広告の広告運用担当者、動画広告の企画担当者、商品説明文を大量に用意しなければならない EC の運用担当者、ライター、マーケターなどだ。先にローンチしている Slideflow と Catchy を組み合わせることで、ユーザは適切な文章を含む Web サイトを最小限の労力で製作できるようになる。デジタルレシピではさらに両サービスの開発を進め、デザイン自動化分野でトップポジションを狙う。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録