【IVC Web3起業家インタビュー】ゲーム特化のNFTマーケットプレイス「Lootex」CEO Justin Lu(呂季潔)氏

Lootex の CEO 兼共同創業者 Justine Lu(呂季潔)氏
撮影:侯俊偉氏

本稿は、提携メディア「Meet Global」に Infinity Ventures Crypto(IVC)のブログから転載された記事を翻訳してお届けします。なお、BRIDGE への翻訳転載にあたり、IVC の承諾を得ました。

ブロックチェーンベースのゲームエコシステムの重要な要素の1つは、ユーザ同士がゲーム関連資産を確実かつ容易に取引できる仕組みだ。このニーズに応えるため、いくつかの企業が独自のマーケットプレイスを開設しているが、その中でも際立っているのが、台湾に拠点を置くマルチチェーンマーケットプレイス「Lootex」 だ。

50以上のゲームとパートナーシップを構築してきた  Lootex は、複数のブロックチェーンで取引可能な12,000以上のNFTアセットと140のコレクションを誇っている。Lootex のプラットフォームは現在、ETH、BSC、Polygon、Arbitrum、AVAX など、複数の異なるブロックチェーン上でゲーム内 NFT の取引をサポートしている。Lootex のプラットフォームでは毎月210万米ドルの取引が行われており、Lootex が台湾および世界で最大かつ最も急成長している NFT 市場の1つとして知られているのも不思議はないだろう。

Lootex の舵取りをしているのは、CEO 兼共同創業者の Justine Lu(呂季潔)氏だ。Lu 氏は、World of Warcraft やその他の Blizzard ゲームの台湾のパブリッシャーに勤務するなど、ゲームマーケティング、リサーチ、PR の分野で長年の経験を積んできた。また、彼女自身、熱心なゲーマーでもある。Lootex と他のゲーム系 NFT マーケットプレイスとの違いや、Lootex チームの将来について話を聞いてみた。

どのような経緯で Lootex を立ち上げることになったのか? アイデアのきっかけは?

ゲーマーとして育った私とチームは、さまざまなジャンルのゲームを数多くプレイしてきた。しかし、どのゲームでも共通していたのは、仮想空間内の資産を所有することができないということだ。また、ゲームサーバーが停止すると、ゲーム内のアイテムも一緒に停止してしまうため、アイテムを購入できる時間が限られていた。

コアメンバーである David Tseng 氏(共同創業者兼 COO)と Tengying Yu 氏(マーケティングディレクター)も含め、我々は皆、名高いゲーム企業で10年以上働いてきたという、同じような経験を持っている。我々は、ブロックチェーン技術の活用により、ゲーム業界に革命を起こす可能性を見出した。

2017年末、CryptoKitties は、NFT をゲーム内資産として持つ最初のブロックチェーンゲームの一つとして登場した。私は、デジタルで何かを所有するというコンセプトに即座に惚れ込んだ。そしてこれが、次世代のゲームアセットマーケットプレイスを構築するインスピレーションに火をつけたのだ。私が提示したアイデアに皆が飛躍し、今の Lootex を作り上げてくれたことに感謝している。

他のマーケットプレイスと比較して、Lootex の最大の競争力は何だと思うか? また、Lootex はこのマーケットでどのように競合よりも先んじようと考えているか?

まず、我々はゲーマーに焦点を当てた特定のターゲット市場を持っている。他の市場は単に NFT を販売していますが、我々が持っているのは、限定版のゲームアセット NFT を特徴とする「Launchpad」だ。

また、Lootex は複数のブロックチェーンをサポートしており、プレイヤーに優れたユーザーエクスペリエンスを提供している。私自身 NFT トレーダーとして、NFT を出品するために複数のプラットフォームやマーケットプレイスを利用しなければならないのは面倒だと感じている。

最後に、我々は新しいプロジェクト(ゲームクリエイター向け)をマーケットプレイスの上位に掲載することで、各プロジェクトに十分な露出の機会を与えている。通常、マーケットプレイスには、有名なコレクション、人気のコレクション、ベストセラーのコレクションのみが掲載される。Lootex では、すべてのプロジェクトが、チャンスを与えられれば、知られるようになる可能性があると信じている。

「Lootex」
Image credit: Lootex

NFT マーケットプレイスが現在直面している最大の課題は何か? Lootex はどのようにその課題に取り組んでいるのか?

多くの NFT マーケットプレイスでは、優れた NFT プロジェクトがなかなか露出されないことがある。プロジェクトは何ページも深く埋もれてしまい、到達することが困難だ。Lootex は、コミュニティの意見を尊重し、何が新しく、何を共有する価値があるのか、彼らの幅広い知識を活用したいと考えている。

我々、Lootizens(Lootex のコミュニティユーザ)がどの店舗のバナーを一等地に置くべきか投票できるシステムを構築中で、各ゲームに評価やレビューシステムを設けることもできる。

Founder’s Badge のローンチ、おめでとうございます。Founder’s Badge が登場したが、その魅力と入手方法を簡単に教えてほしい。

Founder’s Badge は、メタバースにおけるユーザのステータスを示す、限定版のソウルバウンド(譲渡不可)NFT になる予定だ。Founder’s Badge は、Lootex エコシステムへのプレイヤーのコミットメントを示すもので、1,000LOOT トークン以上を賭け、それを12ヶ月以上ロックすることで手に入れることができる。

LOOT のステーキングとロッキングは、シングルサイドのステーキングプールで行うか、LOOT/ETH または LOOT/BNB プールで流動性を提供するかを選択することができる。紫の Founder’s Badge (レベル3)は伝説的なものだ。ゴールド(レベル2)は壮大なものだ。シルバー(レベル1)はレアだ。各ウォレットは Founder’s Badge を1つだけ保持でき、Badge の譲渡はできない。詳細と手順はこちらの記事を参照してほしい。

Lootex の「Founder’s Badge」

現在、50社以上のゲームとパートナーシップを結んでいるが、GameFi の優れたパートナーに求めるものは何か?

まず、信頼できる経験豊富で有名なチームであることだ。GameFi だけでなく、NFT でも多くのプロジェクトが険悪になっているのは周知の事実だ。だから、信頼できるチームであれば、必ず信頼できるプロジェクトになる可能性が高まる。もちろん、どのプロジェクトが険悪になるかは保証の限りではないが、少なくとも詐欺プロジェクトに巻き込まれるリスクは最小限に抑えることができる。

また、私が求めることの一つに、明確なロードマップとホワイトペーパーがあり、Lootex のビジョンやゴールをパートナーとなる彼らの考えに合わせることができる。強力なパートナーシップを結べるだけでなく、クロスプロモーションなどの協力的なキャンペーンも行える。

最後に、10年のゲーム経験から言うと、私は実際にお金を払ったという事実を無視できるような、魅力的で楽しいゲームを求めている。従来のゲームとブロックチェーンゲームの観点を組み合わせることは必須だ!! 伝統的なゲームに投資するのは、たとえ見返りがなくても、興奮するからだ。

だから、P2E(Play to Earn)ゲームに投資するときも同じ考え方であるべきだ。稼ぐために遊ぶ(Play to Earn)のではなく、むしろ「遊んで稼ぐ(Play and Earn)」ことができるのだ。ブロックチェーンゲームは趣味で楽しむものであり、職業として成り立たせるものではない。

最後に、Lootexに今後搭載される機能で、共有したい情報があれば教えてほしい。

Lootex には、The Sandbox の共同創業者兼 COO である Sebastien Borget 氏がアドバイザー兼投資家として参画していることをお伝えする。このパートナーシップの大きな特徴は、Lootex が The Sandbox の Founder’s Badge ホルダー向けにアバター装備を作り始めるということだ。また、The Sandbox 内に複数のゲームショップを構築し、メタバース内での買い物の臨場感を味わっていただく予定だ。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録