e27やTech in Asia出身の2人が創業、シンガポールで二日酔い防止サプリを展開するBounceback

SHARE:
Bounceback 共同創業者の2人。左から Roy Ang 氏、Minghao Teo 氏
Image credit: Bounceback

10人に1人は、二日酔いの時に不安な気持ちになる「hangxiety」(「二日酔い(Hangover)」と「不安(Anxiety)」を組み合わせた造語)を経験しているという。その主な原因は、アルコールの代謝で生まれるアセトアルデヒドという物質で、体内のストレスやホルモンレベル、心拍数を上昇させる。

それを改善するために、シンガポールのスタートアップ Bounceback は、肝臓強化作用のある二日酔い防止サプリメントを製造している。Bounceback を設立する前、共同創業者で CEO の Roy Ang 氏は Grab でビジネス開発マネージャーだった。週に平均3〜4回、頻繁にネットワーキングで飲酒し、これはビジネスや友人で新たな関係をもたらしたが、肝臓に害を与える危険性もはらんでいた。

二日酔いに効くサプリメントがあることを Ang 氏に教えてくれたのは、日本人のパートナーたちだった。Ang 氏はシンガポール国外で二日酔いサプリメントを探し、その効果があることを知った。シンガポールでは二日酔いのサプリメントは簡単に手に入らないため、ここに事業機会があることを悟り、Bounceback を始めることにした。

Image credit: Bounceback

ユーザテストを重ね、Bounceback はユーザから89%という高い有効率を示す製品データを得ることができた。Bounceback は、世界中の50以上の二日酔いサプリメントをテストし、独自の処方で自社製品を作り上げた。ビタミン、ミネラル、植物性ハーブのミックスを含む22の成分が含まれている。中でも、ジヒドロミリセチンとオオアザミは、肝臓を保護する働きがあることで知られている。

2022年6月にブレークイーブンに達した Bounceback は、今後、事業展開する地域を拡大すべく、年内にもプレシリーズ A ラウンドでの調達を計画している。二日酔いサプリメントが一般的ではないシンガポールでは、バーの客もオーナーも、このサプリメントの効果に懐疑的だったが、販売開始から1年を経て、口コミで評判が伝わり、現在、50%以上の客が4カ月後リピート購入している。

Bounceback は2021年、Prism+ のディレクター Jonathan Tan氏、Shopback の共同創業者 Joel Leong氏、Carro の CEO Aaron Tan 氏などの投資家を迎え、シードラウンドをクローズした。これまでに、香港の上場企業 Bonjour Holding、Paragon Capital、台湾の Sparklabs Ventures などからの調達も含めると、合計250万米ドルを調達している。

via Vulcan Post

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録