共働きの家計管理「ペアカード」がハマったB/43、スマートバンクが20億円調達

SHARE:

ニュースサマリ:家計支出管理サービスを展開するスマートバンクは7月13日、新たな増資の公表を実施している。第三者割当増資を引き受けたのはグロービス・キャピタル・パートナーズ、グローバル・ブレイン、Z Venture Capital、ANRI、三井住友海上キャピタル、DBJキャピタルで、調達した資金は20億円。前回のシードラウンドで調達した10億円に続くものでラウンドはシリーズA。払込日や株価などの詳細は非公開。なお、グロービス・キャピタル・パートナーズとグローバル・ブレインが共同でこのラウンドのリードを務めた。

スマートバンクが提供するのはVisaプリペイドカードと家計簿アプリがセットになったサービス、家計簿プリカの「B/43(ビーヨンサン)」。アプリ経由でプリペイドカードにチャージした資金で家計をやりくりすることで、家計の支出状態を把握することができる。ポケットと呼ばれる機能を使うことで「封筒家計簿(食費などを使う分だけ封筒に入れて管理する家計管理方法)」をデジタル化することができる。

また、家計を共にするパートナーと共同で管理できる「B/43ペアカード」を使うことで、共働きなどの世帯で不明瞭になりがちな家計管理の問題を解決している。結果、2021年4月の公開からこれまでに提供するプリペイドカードで決済された件数は累計で100万件を超え、取扱高は月間で数億円にのぼる。調達した資金は「B/43ペアカード」の拡大に投資し、2023年末までに100万DLを目指す。

話題のポイント:令和トラベルやNOT A HOTEL、テイラーなどここ数年、実力派の起業家が2回目・3回目のスタートアップを果たしていますが、スマートバンクもその内の一社になります。フリマアプリという言葉を生み出した「FRIL(現・ラクマ)」堀井翔太氏(CEO)、堀井雄太氏(CTO)、takejune氏(CXO )が共同創業したスタートアップで、シードで10億円を集め、約1年で次のラウンドにコマを進めた形になりました。

ただ、家計簿管理アプリは明らかに後発で、その勝ち筋がどこにあるのかリリース当初に疑問符がついたことも事実です。

ポイントは以前の記事にも書いた通り、彼らがユーザーインタビューで見つけた「熱量の高いペイン」解決にあります。リリース当初は使いすぎを効果的に防ぐ、封筒家計簿の方法をデジタル化した「ポケット」機能がそれでした。そして今回はそれに加えて「ペアカード」の機能が彼らのサービスを際立たせることになっているようです。ちなみにこれまではペア「口座」という名称でしたが、銀行口座に紐づくものと勘違いする人が多く名称を変えたそうです。

高い継続率を示したペアカード

ペアカードは家計を共にする夫婦やカップルなどが仮想的に一つの家計をアプリ内に作り、そこに紐づく2枚のカードを発行するものです。堀井さんに利用状況やシチュエーションをお聞きしたところ、カップルならではの使い方があると教えてくれました。

ペアカードを使うシチュエーションはどのようなものですか?

堀井:今、使っていただいてるユーザさんは共働きのご夫婦だったりとか、同棲してるカップルの方が共同で家計管理するために使っていただいてるケースが一番多いです。具体的なユースケースをご紹介させていただくと、共働きの夫婦や同棲してるカップルもそうですけど、基本的には同じ家に一緒に住んで、どちらかが家計を出してるというよりは、お互いがお金出し合いながら生活されてるケースが多いんです。

特に共働きのご夫婦の場合はお互いが例えば10万円ずつとか、旦那さんと奥さんで割合を決めて生活費を出されている。例えば共同口座みたいなのを作る場合、旦那さんの名義が結構多かったりするんですけど、旦那さんの名義で新規に口座を開設をしてお互いが決まった予算を入れて、そこから家賃や生活費の引き落としをするんですが、特に最近はその共同の口座の残高を確認するのに銀行アプリを使われることが多くて、通帳を記帳して確認するようなシーンってすごく減ってるんですね。

ただ、共同口座の場合は名義人の方はアプリから残高や決済履歴を見れるんですけど、お金を出したにもかかわらず、名義人じゃない方はアクセスする手段がなかったりするんです。

家計の共同管理で独自のポジションを確立

利用者のペルソナとしては、20代から30代の若い世代が中心で、コメントにある通り、共働きの夫婦やカップルが多いそうです。またこの拡大版として親子カードの発行も予定しており、家計簿管理アプリとしては数多くあるサービスの中でも特徴的なポジションを取ることになりそうです。ちなみにサービスリリースしてからの大きなアップデートにAndroid版の公開があるのですが、これも家計を共にする人がiOSだけだとこのペアカードが使えないため、リリースを急いだそうです。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録