SREとセキュリティ事業のスリーシェイク、シリーズB2で1億円を三菱UFJキャピタルから調達

SHARE:
左から:スリーシェイク 代表取締役社長 吉田拓真氏、三菱 UFJ キャピタル 次長 村木佑介氏
Image credit: 3-Shake

SRE(サイト信頼性エンジニアリング)とセキュリティ事業を展開するスリーシェイクは19日、シリーズ B のエクステンションラウンドで約1億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは三菱 UFJ キャピタル。明らかになっている範囲で、スリーシェイクは昨年1月のシリーズ A ラウンドで約5億円、今年6月のシリーズ B1 ラウンドで7億4,800万円を調達している。

スリーシェイクは2015年1月の創業。創業以来、SRE コンサルティング事業「Sreake(スリーク)」を大手企業を中心に提供するほか、2020年4月にクラウドネイティブなデータ連携プラットフォーム「Reckoner(レコナー)」、2020年12月にはフリーランスエンジニア特化型人材紹介サービス「Relance(リランス)」、2021年9月にはバグバウンティ運用代行サービス「Bugty(バグティ)」、2021年12月には、社内の自動脆弱性診断ツール「Securify(セキュリファイ)」のβ版をそれぞれローンチした。

スリーシェイクでは今回調達した資金を使って、SRE 及びセキュリティ領域でのブランディング強化、Securify や Reckoner の PSF(プロブレムソリューションフィット)に向けた開発とカスタマーサクセス人員の確保、マーケティング、セールス部門の組織体制と施策の強化を図るとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録