錠剤を飲み込みづらい人に朗報——機能成分そのまま、薬をソフトキャンディ化する台湾Boncha Bio(糖話生医)

Boncha Bio(糖話生医)創業者 Corina Huang(黄韻如)氏
Image credit: Boncha Bio(糖話生医)

栄養成分の有効性を損なうことなく、錠剤をキャンディの形にすることは可能だろうか。これは、世界のニュートラシューティカル(栄養補助食品)市場が解決不可能と考えた長年の課題である。しかし、台湾のスタートアップ Boncha Bio(糖話生医)がその難題を解決するヒーローになった。厳しい道のりを経て、サプリメントをお菓子のようにおいしく、しかも高用量・高生理活性を実現することに成功したのである。

アフターコロナの世界では、健康を維持することが多くの人の関心事になっている。しかし、サプリメントを日常的に摂取する上では、不快なにおいがあったり、飲みにくい錠剤のようであったり、なかなか難しいものだ。

しかし、カプセルや錠剤、タブレットを、ソフトなお菓子のようにおいしく、飲み込みやすいものに変えられる人がいたらどうだろう。一見不可能に見えるその夢を、Boncha Bio 創業者 Corina Huang(黄韻如)氏は実現させたのだ。

栄養補助食品業界は製剤方法に重きを置く傾向があるが、いくら栄養補助食品に栄養が含まれていても、人々が定期的に摂取してこそ効果がある。(Huang 氏)

栄養補助食品会社の間では、ユーザフレンドリーなサプリメントを開発することは、真新しいアイデアではない。問題は、高温高圧を必要とする従来の製菓用剤製造技術では、機能性成分の85%が死滅し、生物活性の保持率が大幅に低下するため、吸収率に影響が出ることだ。

Image credit: Boncha Bio(糖話生医)

世界市場全体が解決不可能と考える課題に直面し、Huang 氏はゼロから出発した。彼女は、製造技術プラットフォーム「Boncha Bio(糖話生医)」を設立し、効能とおいしさを兼ね備えたキャンディのようなサプリメントの開発を目指す。

何千回もの試作を経て、Boncha Bio のお菓子のようなサプリメントは、栄養素の高い生理活性を保持することが判明した。我々がそのお菓子を「キャンディシューティカル(Candy=キャンディ と Pharmaceuticals=製薬 の造語)」と呼んでいるのは、そのためだ。低用量・低活性というサプリメントの欠点を克服したのだ。

現在、多くの有名な栄養剤ブランドや製薬会社と提携し、毎週4〜5社の新規取引先を獲得している。そのうちの1社は、栄養補助食品で50%の市場シェアを持っていると言われている。さらに昨年、Huang 氏は800人以上の候補者の中から、東アジアの国際的な女性起業家賞「Cartier Women’s Initiative(カルティエ ウーマンズ イニシアチブ)」を受賞した

しかし、振り返ってみると、Huang 氏は自分のことを「半分素人」と表現している。

錠剤を飲み込むのに苦労していた祖母

栄養補助食品業界に足を踏み入れる前、Huang 氏は、お菓子に画像や文字・模様をプリントするカスタマイズ・キャンディメーカーの創業者だった。

錠剤をキャンディにするというアイデアは、実は Huang 氏の祖母が発案したものだった。10年ほど前、彼女の祖母は脳卒中で倒れ、回復のためにさらに栄養を必要とした。しかし、錠剤を飲み込むのが苦手で、カプセルや錠剤がのどに引っかかってしまうことが何度もあったそうだ。Huang 氏は、祖母のために錠剤を細かく砕き、効能に大きな影響を与えたことを今でも覚えている。

Image credit: Boncha Bio(糖話生医)

Huang 氏の祖母が経験したことは、実は珍しいことではない。彼女は、「祖母がこのような苦労をしているのなら、世の中には同じような状況にある人がもっといるはず」と思った。意外なことに、2人に1人は錠剤やカプセルを飲み込むのに苦労しているのだそうだ。その症状は、実はあらゆる年代の人に起こりうることなのだ。

この問題に取り組むため、Huang 氏は新しいビジネスを始めることにした。Huang 氏が作りたいキャンディは、硬くて固いものではなく、柔らかくてジューシーなもので、より飲みやすいとされているため、その道のりはハードルの連続だった。

失敗は数千回、終わりの見えない研究開発

キャンディシェルを開発するだけでも、400以上のレシピとパラメーターをテストした。

Huang 氏は、最終的なゴールは、柔らかいコートの外層と美味しい液状のフィリングを持つスイーツを作ることだったと言う。

毎日、1〜2種類のレシピをテストし、さらに1〜3日待って、シェルが壊れず、液体が漏れないかどうかをチェックすることしかできなかった。

最終的には、なんとか目標を達成することができた。しかし、プロバイオティクスのサプリメントとなると、また新たな難題が発生した。

生きたプロバイオティクスは非常にデリケートだ。光、水、熱を恐れ、圧力に耐えられず、そのライフサイクルはわずか48時間。

各実験の間、研究チームは何十億ものプロバイオティクスをサンプルに挿入し、それを第三者機関の検査装置に送る。

仮に100億個のプロバイオティクスを入れたとして、1週間後、あるいは1年後に何個残っているかを見るのだ。このプロセスの時間を長く確保するのは、高い品質を保証するためだ。

しかし、実験が何度も何度も失敗していると、この目標を達成するのは不可能に思えた。

何千回と失敗を繰り返し、終わりが見えなかった。

そして3年の歳月をかけ、ついに100億個もの生きたプロバイオティクスを保存できるまでに至ったのである。

Image credit: Business Next(数位時代)

やがて、この製品は Boncha Bio の得意分野となった。生きたプロバイオティクスを中央のフィリングに静かに眠らせておくことに成功しただけでなく、「プレバイオティクス」(腸内の健康なバクテリアの成長を促す植物繊維)をキャンディのシェルに加えることにも成功したのである。そうすることで、人がキャンディを噛むと、キャンディシェルに含まれるプレバイオティクスが自然にプロバイオティクスの餌となり、プロバイオティクスが大腸に定着する生存率を高めてくれるのだ。

企業や消費者が求める、おいしいサプリメント

市場の長年の課題を解決したことで、Boncha Bio の評判は徐々に広まっていった。アジアだけでなく、欧米のニュートラシューティカルズ関連企業も、この台湾のスタートアップに注目している。

欧米市場に進出したことで、 Boncha Bio は熾烈な競争に打ち勝つ準備が整った。同業他社に対抗する方法を尋ねると、Huang 氏は自信に満ちた口調でこう答えた。

(キャンディシューティカル)1個でもを試してみれば、顧客はその違いがわかるだろう。

魚油を例にとってみよう。健康補助食品として広く認知されているが、その生臭さは敬遠されがちだ。しかし、 Boncha Bio はこの問題を、風味のマスキングという手法で克服した。スイスで開催された展示会に、数百個のサンプルを持ち込んだことがある。すると、魚油を使ったキャンディの味に感動され、あっという間にサンプルがなくなってしまった。

B2B 企業でありながら、個人消費者までが大ファンになってしまうほど、 Boncha Bio の「キャンディ」は人気だ。

営業に連絡してきて、直接サプリメントを売ってくれないかと頼む人もいるほど。

台湾では、日系コンビニエンスストアのファミリーマートと提携し、目のケア用のルテインと喉のケア用の8種類のハーブエキスを提供した。すると、すぐに消費者から「お店の棚が空っぽだから、まとめて買いたい」というメッセージが届いたという。

カルティエ ウーマンズ イニシアチブ

我々は、新しい何かを発明しているわけではない。その代わり、既存のリソースをすべて連携し、適切なテーマに投資しようとしているのだ。

2021年、Huang 氏はカルティエ ウィメンズ イニシアチブの東アジア受賞者として表彰された。これは、持続可能な社会的または環境的インパクトをもたらす、女性が経営するビジネスや女性が所有するビジネスを対象とした、年に一度の国際起業家プログラムである。

Boncha Bio(糖話生医)創業者 Corina Huang(黄韻如)氏
Image credit: Business Next(数位時代)

受賞歴のある Boncha Bio は、メディアの注目を集めた。直後に10件ほどの報道がなされた。しかし、Huang 氏に言わせれば、スポットライトが一番大事なのではない。彼女が本当に大切にしているのは、大会期間中に獲得したコミュニティだ。

スタートアップ市場では、女性のリーダーが男性よりもまだ少ないため、「カルティエ ウィメンズ イニシアチブは、女性起業家が共に学び、成長できるグローバルなコミュニティを作った」と Huang 氏は言う。

最終段階の審査に合格するまでに、彼女は1年を要した。しかし、苦労が報われた後、彼女は力を得たと感じた。

カルティエ ウィメンズ イニシアチブは、我々のチームとグローバルマーケットをつなぐ架け橋だと思う。私の仕事は、人々が安心して健康になることなので、その意義と責任の重さを実感するようになった。

Boncha Bio では、今後数年間、欧米の企業に対して継続的にアプローチしていく予定だ。大企業や国際的な企業をターゲットにすることで、最大のインパクトを与えることができると Huang 氏は考えている。

栄養補助食品のブランドが大きければ大きいほど、より多くのエンドユーザがその恩恵にあずかることができる。Huang 氏は、サプリメントを飲むことが必ずしも平凡なタスクではなく、楽しみでもあることを、より多くの人に知ってもらうことができるかもしれない。

【via Meet Global by Business Next(数位時代) 】 @meet_startup

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録