市場がない製品をどう売った?IoT「MODE」のB2B・広報舞台裏ーー【スタートアップPR Day】9月2日ミートアップ参加者募集

SHARE:

みなさんこんにちはBRIDGEの平野です。いつもご愛読ありがとうございます。7月から毎月開催しているミートアップ「スタートアップPR Day」、次回9月2日にお越しいただくセッションゲストのご紹介です。今回のテーマは「B2BスタートアップのPR広報」です。

スタートアップPRのお悩みでよく耳にするのがビジネス向けのPR戦略です。コンシューマー向けのサービスやメディアはインターネットという特性もあり、それそのものが伝える媒体として機能します。わかりやすい例で言えばゲームやマーケットプレイス、コマースなどで、フリマアプリで売ります・買いますを展開すれば、それそのものがユーザーを呼び込み、自然な流入を獲得することにつながります。

一方、ビジネス向けのソリューションはそうはいきません。近年のトレンドとしてデジタルトランスフォーメーション(DX)がありますが、業務システムを扱う人々をターゲットにした場合、極めて狭い範囲に正しく認知・理解してもらう必要があります。さらにスタートアップのような、その価値がまだ未知数の場合はなおさらです。

今回のスタートアップPR Dayでは、この課題に挑戦し、PR広報戦略を立てることで結果を出したケーススタディをご紹介いたします。アウトラインについてはグローバル・ブレインのオウンドメディア「GB Universe」に掲載されたこちらの記事に記載されています。

参考記事:「まだ市場がないプロダクト」をどう売るか——IoTソリューション「MODE」売上向上の舞台裏

ということで今回のゲストはこのMODE Inc.からパブリック・リレーションズを担当されている江藤明巳さんと、グローバル・ブレインにて同社のPR戦略を支援した松井小麦さんにお越しいただきます。MODEは本誌でも説明が極めて難しい部類に入る、IoT(Intenet of Things)の基盤を提供するスタートアップです。広報PRがセールス全体にも影響を与えたケースとして、その舞台裏をさらに掘り下げてお聞きする予定です。

ミートアップ当日は、朝日メディアラボベンチャーズのみなさんと企画している「Media Talk」のコーナーも実施します。こちらのゲストはABEMA Prime チーフプロデューサー、郭晃彰(かく てるあき)さんです。

みなさんのお越しをお待ちしております。

開催概要

日時:9月2日(金)・午後4時〜6時
会場:株式会社PR TIMES本社(会場詳細は参加者に送付)
主催:株式会社THE BRIDGE
共催:朝日メディアラボベンチャーズ株式会社
参加対象:スタートアップの広報・PR担当および兼務している経営陣・ご担当者さま
参加費:1500円(BRIDGE Members登録の方・お支払い方法は別途メールにてお知らせします)
参加人数:30名

※セッションの様子および書き起こし記事のレポート配信も予定しております。

参加申し込み方法:こちらのフォームからお申し込みください。なお、BRIDGE Membersへの登録はこちらからお願いします。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録