Pony.aiとCaocao、北京でロボタクシーを使った配車サービス開始など——中国スタートアップシーン週間振り返り(8月1〜5日)

SHARE:
2022年4月、北京市内で走行中の Pony.ai(小馬智行)のロボタクシー。
Image credit: Pony.ai

本稿は、Technode(動点科技)が、8月1日〜8月5日に配信した「News Feed」記事の中から主要ニュースを翻訳したものです。

Pony.ai(小馬智行)とCaocao(曹操出行)、北京でロボットタクシーを開始(8月3日)

自動運転スタートアップの Pony.ai(小馬智行)は2日、配車サービス会社 Caocao(曹操出行)と提携し、北京でロボットタクシーサービスを提供すると発表した。自動運転は、まだ商業レベルには程遠い。身近な配車サービスアプリに自動運転車を配備することで、Pony.ai はパイロットプロジェクトからの収益に近づけるかもしれない。

3日以降、か一般乗客はモバイルの Caocao アプリから Pony.ai のカスタムメイドのテストモデルのロボットタクシーを選ぶことができるようになる予定だ。ただし、30台ほどあるロボットタクシーは、北京南部の指定された地域に限定して運用される予定だ。ハンドルを握る運転士は必要ないが、各車両の助手席にはモニターが設置される予定だ。動点科技

EV ブランドAvatr(阿維塔)、シリーズ A ラウンドで3.8億米ドルを調達(8月3日)

Changan Automobile(長安)、Huawei(華為)、CATL(寧徳時代新能源科技)が昨年末に共同発表した EV(電気自動車)ブランド Avatr(阿維塔)は2日、政府系ファンド National Green Development Fund(NGDF、国家緑色発展基金)がリードしたシリーズ A ラウンドで25億5,000万人民元(約509億円)を調達したと発表した。

Changan は、今回の資金調達後も Avatar 株式の41%を保有する筆頭株主であり、この調達を受けて、Avatr の株式による累積調達額は50億人民元を超えることになる。Avatr は昨年11月、Huawei の自動運転技術を搭載した初の車種「Avatr 11」を発表し、今年第3四半期に納車を開始する予定だ。長安

Sina Weibo(新浪微博)、台湾でのサービスを停止(8月2日)

Sina(新浪)は1日、台湾で主要なニュースフィードサイトと マイクロブログサービス「Sina Weibo(新浪微博)」のサービスを停止した。現地メディアの CNews によると、同社は「運営戦略の変更」を理由に、台湾でのサイト運営を一時停止するとの発表を行った。

Sina は中国最大のニュースサイトの一つで、Sina Weibo は今年3月時点で月間アクティブユーザ数(MAU)が5億8,200万人とされている。同社は1998年に初めて台湾でサービスを開始した。匯流新聞

深圳市、運転手無しの自動運転車の走行を許可(8月2日)

深圳の自動運転車規制の新ルールが1日に発効し、市内の特定区域で運転手無しの自動運転車が走れるようになった。Alibaba(阿里巴巴)が支援する Deeproute.ai(元戎啓行)は、市内で運転手なしでロボカーをテストすることが許された最初の企業になった。

また、事故が起きた際の責任者についても規定されており、自動運転車が事故に巻き込まれた場合、運転者や自動運転車の所有者に過失が認められることが想定されている。新華社

中国、「国家大基金」の調査継続 (8月1日)

半導体業界のいわゆるビッグファンド「国家大基金」に対する政府の調査が続いており、週末に投資ファンドの主要人物2人がさらに調査中であることが明らかになった。汚職監視機関である中国共産党中央規律検査委員会は7月30日、同ファンドを運営する Sino-Ic Capital(華芯投資管理)の Ding Wenwu(丁文武)氏に対する調査を開始したと発表した。

中国メディア「Caixin(財新)」の報道によると、国家大基金に付属する深圳のファンド「Hongtai Fund(鴻泰基金)」のパートナー Wang Wenzhong(王文忠)氏も7月中旬に調査対象になった。

国家大基金の正式名称は「国家集成電路産業投資基金」で、2014年に登録資産987億人民元(約2兆円)で設立された。Eastmoney Securities(東方財富)によると、2018年にクローズしたファーストラウンドで合計運用額は1,387億人民元(約2.8兆円)に達した、投資先には、SMIC(中芯国際集成電路製造)、YMTC(長江存儲科技)、UNISOC(紫光展鋭)などがいる。財新

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録