ピル宅配や避妊法情報サイト運営の英The Lowdown、250万米ドルをシード調達

Image credit: The Lowdown

<ピックアップ> The Lowdown, U.K.’s Leading Sexual And Reproductive Health Platform, Raises $2.5 Million In Seed Investment

重要なポイント:ロンドンを拠点に、避妊に関する薬や方法のレビューサイトやオンライン配送を展開する The Lowdown は7月20日、プラットフォームをより強化するため、シードラウンドで250万米ドルの資金調達を完了した。

  • このラウンドは Speedinvest がリードし、既存の投資家の Nina Capital、Calm/Storm VC らが参加した。さらに、Catherine Lenson 氏(Softbank)、Dorothy Chou 氏(DeepMind)、Scott Mackin 氏(Denham Capital)ラエンジェル投資家も参加した。

詳細:The Lowdown は、毎月7万人の女性が訪れる、イギリスを代表するリプロダクティブ・ヘルス(訳注:性と生殖に関する健康)に関する情報サイト。女性が自分に合った避妊・生殖医療を選び、アクセスし、利用するためのワンストップショップをイメージしたこのプラットフォームは、ユーザ生成コンテンツ、医療アドバイス、処方箋を提供し、独自のコミュニティファーストのアプローチを用いて、女性がヘルスケアの決定をコントロールできるようにすることを目的としている。

  • 同社は、創業者の Alice Pelton 氏が20代の頃、避妊のためのピル服薬による副作用に苦しんだことをきっかけに、2019年に設立された。
  • Pelton 氏の体験は世界的に起きているもので、国連によると、世界中で約10億人が平均30年間、避妊をしているが、使用者の最大80%が副作用(頭痛や吐き気、乳房の張り、不正出血、体重増加、気分の変化など)に苦しみ、20~40%が現在または最新の方法に不満を持っていて、臨床根拠や質の高いの情報が無いため、ナビゲーションが困難な状態になっている。
  • The Lowdown はローンチ後すぐに評判となり、85以上の避妊方法と避妊ブランドについて5,000件以上のレビューを投稿するコミュニティとフォロワーが生まれた。
  • 昨年には、遠隔地にいる専門家 GP のチームを通じて、イギリス初のプライベート避妊相談サービスを開始した。その後、セックスコーチングや骨盤の健康理学療法など、サービスを拡大している。
  • Speedinvest でヘルスケアチームを率いる Andrea Zitna 氏は、The Lowdown の取締役に就任する。シリーズ C ラウンドのフェムテック企業 Elvie で最高収益責任者を務めた Zitna 氏は、女性の健康の未来をポジティブに考え、今回の案件について次のようにコメントしている。

今こそ、女性のリプロダクティブ・ヘルスに投資する時です。これまでアクセスできなかったコミュニティやコンテンツ、ツールを構築する Alice の能力は、他の追随を許さないでしょう。避妊は、女性の健康について The Lowdown が描く壮大なビジョンの始まりに過ぎず、私たちはそれを支援することに興奮しています。

背景:先月発表された、イギリスの女性の健康戦略報告書では、避妊をしている女性の84%が医療従事者から話を聞いてもらっていないと感じていること、またイギリスでも3人に1人が避妊を希望する場所で避妊できないなど、避妊へのアクセスが依然として問題であることが強調されている。

執筆:平理沙子(Risako Taira)/編集:池田 将

via Forbes

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録