シンガポールのフィンテックユニコーンM-DAQ、福岡に日本オフィスを開設

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


シンガポールを拠点に FX ソリューションを提供するフィンテック企業 M-Daq Global は、国際展開計画の一環として、日本にオフィスを開設した。

Photo credit: M-Daq

同社は先頃、ロンドンに拠点を置く取引プラットフォーム「Turquoise」とマルチアセットサービスを提供する契約を締結し、欧州市場に進出したばかりだ。

2010年に設立された M-Daq は、2018年に黒字化した。同社は2016年の e コマースソリューション「Aladdin FX」のローンチ以来、45市場で320億米ドル以上のクロスボーダー取引を処理してきた。

M-Daqは、人気の観光地である福岡が韓国、中国、台湾に地理的に近いため、この街にオフィスを構えたことがパートナーシップを呼び込むと期待している。

この地域の企業とのパートナーシップを確立する機会は、M-Daq が Aladdin を立ち上げるための完璧な踏み台を作るだろう。(同社声明)

M-Daq は、福岡に起業ハブを設立することを目指している。拡大計画に沿って、M-Daq は福岡の行政機関や交通機関と、小売や旅行の取引におけるユーザ体験を向上させるための話し合いを開始した。

福岡証券取引所との提携では、証券取引向けソリューション「Trading the Right Chart」の実装を検討する予定だ。また、NTT コミュニケーションズと提携し、日本発のレート保証型外国為替情報・取引データサービスを開始する。

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録