クリエイターが輝くグリーンな街づくりをスタートアップと共に:JR東日本とKDDIが共創プログラム「高輪ゲートウェイStartup Program」募集開始

SHARE:
高輪ゲートウェイシティ(仮称)のイメージ

JR東日本とKDDIは28日、スタートアップとの共創事業を目指すプログラム「高輪ゲートウェイStartup Program with JR東日本 × KDDI」のエントリー開始を伝えている。このプログラムでは、2025年に予定されている「高輪ゲートウェイシティ(仮称)」開業に併せ、高輪ゲートウェイ駅周辺エリアにて、JR東日本の保有施設やKDDIが提供する5G通信環境などのアセットと、スタートアップのアイデアを掛け合わせて新たな街づくり、事業創造を目指すとしている。

募集する共創のテーマには「グリーンなまちづくり」と「クリエイターが輝くまちづくり」が挙げられている。グリーンなまちづくりでは、住民や働く人々が、街の緑化や食の循環・CO2削減に活発に関わり、持続可能なまちづくりを目指す。クリエイターが輝くまちづくりでは、リアル・バーチャル問わず、クリエイティブな人材が持続的に挑戦・発信ができる環境や空間の仕組みづくりを目指す。

エントリー資格は創業10年以内の未上場企業で製品やサービスを既に商用化していることが条件。募集期間は9月28日から11月18日までで、専用のサイトで受け付ける。プログラムの説明会は10月19日に開催される予定。

今回の共創の舞台となる高輪地区は品川の再開発プロジェクトのひとつで、国内で初めて鉄道が走ったというイノベーションの歴史的背景を持った地としても知られている。JR東日本とKDDIは2020年末に分散化をテーマとしたまちづくり共同事業の実施に合意しており、高輪を世界的なイノベーションを日本から興す中心地として本プログラムを開始している。プログラムの中心となる高輪ゲートウェイ駅周辺地域には、MICE(※)施設、オフィス、商業地などのエリアを2024年度末(2025年3月)に開業し、その他のエリアを2025年度中に開業する計画となっている。

※会議(Meeting)、企業研修旅行(Incentive Travel)、国際会議(Convention)、展示会(Exhibition/Event)の頭文字をとった略字

via MUGENLABO Magazine

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録