今度はShopifyブランドを買収、アグリゲーター「Everstores」のメリットとは/GB Tech Trend

SHARE:
1,750万ドルの調達を果たした「Everstores」(Image Credit: Everstores)

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」掲載された記事からの転載

今週の注目テックトレンド

GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。

創業から約5年で34億ドルという巨額の資金を集めたのが、Amazonアグリゲーションを事業領域とする「Thrasio」です。同社はAmazon上で収益率の良いブランドを買収し、長期的な運営をしていく、その名の通りアグリゲーション事業を行っています。この領域では、競合スタートアップも次々と登場し、2005年創業で10億ドルの調達をした「Berlin Brands Group」、中国では6,000万ドルを調達した「Nebula Brands」などが挙げられます。

Amazonアグリゲーターの領域は注目を集めていますが、先日、プラットフォームをAmazonではなくShopifyにして活躍する「Everstores」が1,750万ドルの資金調達を発表しています。Thrasio同様、Shopify上にあるD2C企業を買収、統合していく事業を手がけています。競合には累計1億3,700万ドルの調達を果たした「OpenStore」が存在します。

TechCrunchによれば、ステルスの段階ですでに3社の買収を完了しており、この買収を通じて1億にも及ぶデータポイントを獲得。現在、500以上のShopifyブランドがEverstoresの買収候補としてサインアップした上で、このデータを参照しているそうです。

さて、そもそもの起点となるThrasioの事業モデルはどんなものなのでしょうか。一言で述べれば「買収型起業」と呼べます。他事業者を買収することで、高い収益性を最短で実現させる事業形態です。これを実現するために、Amazonのサードパーティに目をつけたのがThrasioでした。

Thrasioが重きを置いているのは「3R」という、レビュー(Reviews)・レート(Rating)・ランキング(Ranking)の3つを評価基準とするものです。「そのブランドたらしめる、高い評価内容のこもったレビューが存在するのか」からブランド査定が始まり、次に「そのブランドポジションを支えるための全体評価を持っているのか」を確認、最後には「高いキーワードボリュームでオーガニックな順位付けがされているのか」を見て、認められたものが買収候補として挙がるそうです。

高い評価のブランドを統合して顧客を最大化できれば、Amazonには非常に信頼性の高いロジスティクスのシステムが備わっていて配送などの足回りを共通化できるため、この買収統合モデルが成立する、というわけです。

逆に、今回取り上げているShopify上のブランドはAmazonほどロジスティクスの恩恵を受けていません。そこに目をつけたのがOpenStoreやEverstoresです。

データを参考にShopifyの中で最も効率化できる(もしくはできそうな)ブランドを見つけ、ひとつのEC傘下にすることができれば、ロジスティックス面での統合が可能になります。倉庫の一元化や大量配送が実現することで「規模の経済」を達成することに繋がるのです。各ECプラットフォーム別アグリゲーターが登場している状態ですが、日本においても同様のモデルがやってくるかもしれません。

9月21日〜10月3日の主要ニュース

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録