まるで職場にいるかのように同僚とコラボレーション:MetaがQuest Pro発表、企業向けに1,500ドルで10月25日発売(1)

SHARE:
プレス発表会で記事を書いたGames BeatのDean Takahashi。彼はMeta Quest Proを着用中(画像クレジット:Meta)

Project Cambriaとして以前から噂になっていたMetaのハイエンドエンタープライズVRヘッドセットがついにお披露目となった。10月25日にMeta Quest Proとして1,500ドルで販売開始される。

エンタープライズ向けにデビューした3,300ドルのMagic Leap2 拡張現実ヘッドセットよりもかなり安い価格を考えると、技術仕様的にもこれまでで最も強力なVRデバイスの1つに仕上がった。筆者はMeta本社でこのデバイスを実際に試してみたが、多くの面で非常にスムーズだった。

MetaのCEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、自社がいち早くメタバースに到達することに賭けているわけだが、Meta Quest Proのターゲットを高い価格を支払うことを厭わない企業ユーザーに設定したようだ。ビジネスワーカーにとってより高い生産性を提供できるデバイスになるらしい。しかし同時に、ゲーム好きなユーザーも同様に購入する可能性がある。

「これは重要な瞬間です。まるで職場にいるかのように同僚とコラボレーションできたらどうでしょうか?」ーー。ザッカーバーグ氏はそう語りかける。

このワイヤレスヘッドセットは、より生産的にコラボレーションしたり、VRを推進するために多くの機能を備えたデバイスを必要とする開発者たちを対象としている。

カラフルなパススルーカメラ体験(複合現実)のための高解像度センサー、VRでテキストを読みやすくするための鮮明なビジュアルを備えたLCDディスプレイ、まったく新しい洗練されたデザイン、さらにアイトラッキングによる自然な顔の表情の再現できるため、VR空間でより自然にユーザー自身を「真似」できる。

ザッカーバーグ氏によると、ラップトップや電話ではできない仕事をできるようにするのが目的で、メタバースでの作業用に作られていると彼は説明していた。

Meta Quest Pro VRヘッドセットと新型のハンドコントローラー

自然な顔の動きをキャプチャすることで、VRで他の人と共同作業をしながら自発的な瞬間を持つことができるようになっている。例えば誰かが笑顔になると、同様のヘッドセットを使用しているVR内の他の人からは、そのアバターの笑顔が見えるようになる。プレス向けの発表会を開催したMetaのVRデバイス製品管理責任者であるRupa Rao氏は、これにより豊かで、より深く、より有意義な体験が可能になると説明していた。愛する人と映画を楽しみながらアイコンタクトをとったりうなずいたりできる、というわけだ。Quest Proを装着している人とやり取りする時は、非言語的な合図で自分を表現できるのだ。

解像度は片目あたり1920 x 1800ピクセルで、バッテリー寿命は1時間から2時間になっている。リフレッシュレートは90Hz だが、より低い72Hz のリフレッシュレートもサポートする。これはハイエンド仕様においてバッテリー寿命とパフォーマンスのバランスをとることの難しさを示しているかもしれない。Quest 2プラットフォームより大幅に改善されてはいるもののコストも高く、ムーアの法則に反するまでには至らなかった。

MetaQuestProで描画または彫刻が可能

WiFi6デバイスには、改良されたMeta Quest Touch Proコントローラー、スタイラスチップ、ライトブロッカー、および充電ドックが付属している。ドックは、ヘッドセットとコントローラーの両方を同時に充電可能だ。

Quest製品がサポートされているすべての国のMeta Store、および米国とカナダのBestBuy、英国のArgosとCurrys、FNACとBoulangerを含む一部の小売パートナーからQuest Proを予約できるようになっている。また米国、英国、カナダ、フランスのAmazonからも予約注文できる。MetaはMeta Quest 2 VRヘッドセットをゲーマーと一般消費者をターゲットに引き続き400ドル以上の価格で販売する。なお、ザッカーバーグ氏によると現在、ストアには400以上のアプリがあるという。中でも1,000万ドル以上の収益を上げたものは33タイトルに上るという。

次につづく:実際の装着感は?ーーザッカーバーグCEO曰く「信者のためのもの」Metaが1,500ドルでQuest Pro発表(2)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録