乗り捨てレンタカー回送プラットフォーム「Simpway」運営、8,000万円をシード調達

SHARE:
Pathfinder の皆さん
Image credit: Pathfinder

乗り捨てレンタカー回送プラットフォーム「Simpway」を運営する Pathfinder は6日、シードラウンドで8,000万円を調達したと発表した。このラウンドは ANOBAKA がリードし、W、ココナラスキルパートナーズ、ベクトル(東証:6058)が参加した。

一般的にレンタカーは借りた店舗で返却することが求められ、店舗の無い場所や別の店舗で返却した場合は、店舗スタッフが元の店舗に車を回送するため追加費用がかかる。Pathfinder では最適配置アルゴリズムを利用し、片道乗り捨てレンタカーの上り利用のユーザーと下り利用のユーザーをマッチングさせることで回送料金を発生させないサービスを提供する。

同社では既にニコニコレンタカーの直営店舗を運営する MIC と実証実験を開始しており、今回調達した資金を使って、配置データ取得のためレンタカー事業者各社との実証実験や開発を加速させ、それに伴う人材採用とマーケティングの強化を図るとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録