100記事調べてわかった、良い回答をひきだす「社員インタビュー」の共通点

SHARE:
Photo by Sora Shimazaki

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するnoteに掲載されたスタートアップ向けのTips記事「100記事調べてわかった、良い回答をひきだす「社員インタビュー」の共通点」の転載

独立系ベンチャーキャピタル「グローバル・ブレイン」の公式noteでは、スタートアップで働くビジネスパーソン向けに幅広いナレッジを発信しています。今回は、採用活動の定番コンテンツ「社員インタビュー」のナレッジをお届けします。

人気記事100件の共通点を調べてみました

「応募につながるような社員インタビューにしたい」と思う一方で、「どういう質問をすれば会社の魅力が伝わるのかわからない」と悩む人事・広報担当の方も多いのではないでしょうか。2022年9月現在、note上で「#社員インタビュー」のタグがついている記事はなんと3,200件にも上ります。わからないことは先人に学ぶのが一番。以下の条件でnote記事100件を調査してみました。

  • 「#社員インタビュー」のタグがついている
  • 「定番」または「人気」のページに載っている

それぞれに共通する内容や、良い回答を引き出せている質問の仕方などについて独自に考察していきます。

リサーチした記事のリスト

定番・人気なインタビューに共通する質問

定番・人気のインタビューには、以下の3つの方向性の質問が含まれていたことがわかりました。

それぞれについて説明します。

①社員の解像度を高める質問(89/100記事)

まず入社の経緯や仕事のやりがいなど、インタビューを受けている社員自身の思想やバックグラウンドをたずねる質問が多く見られました。

質問例:入社の経緯は?/印象に残っている仕事は?/仕事のやりがい、モチベーションは?/スランプや苦戦をどう乗り越えたか?/メンバーと意見が対立したときにどうしているか?/(自社プロダクトにまつわる)おすすめのxxxは?/仕事だけでなく、人生で大事にしていることは?/どんなビジネスパーソン、上司になっていきたいか?

②職種やチームの解像度を高める質問(70/100記事)

次に、その社員が担当している職種や、所属しているチームのことを聞く質問が7割ほどの記事に見られました。①とは異なり、個人が主語になるのではなく、その企業のチームや担当するロールが主語の質問です。

質問例:xxxのチームでは具体的にどうやって仕事を進めているのか?/xx部の技術環境はどうなっているか?/xxxという役職は未経験の人でも活躍できるか?/xxxという前職の仕事はいまの働き方に生かされているか?/xxxという職種にに向いている人、向いていない人は?

③会社の解像度を高める質問(49/100記事)

最後に会社自体のことをたずねる質問です。会社のカルチャーや将来の事業計画に絡めた質問などがこれにあたります。「今、xxx社に加わることで得られる醍醐味は?」など、その企業だからこそ得られる経験などについても含まれます。

質問例:今、この会社に加わる醍醐味は?/この会社だからできることは?/今後の会社の課題は?/今後の成長戦略は?/どんなカルチャーをもつ会社か?/なぜあなたのポジション、組織が必要になったのか?

「定番」や「人気」に入っている記事であっても、取りこぼされがちだったのが③の「会社の解像度を高める質問」。インタビュー対象者の経歴や考え方に加え、会社が目指す未来や課題などまで深堀りした記事を読むと、読者としても理解が進むと感じることが多かったです。

次:「良い回答を引き出す“一歩踏み込んだ”聞き方」へ続く

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録