記事のタイトルをつけるとき、押さえておくべき5つのポイント

SHARE:
Photo by Lisa Fotios

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するnoteに掲載されたスタートアップ向けのTips記事「記事のタイトルをつけるとき、押さえておくべき5つのポイント」の転載

ベンチャーキャピタルの グローバル・ブレイン で情報発信全般を担当している桜川です。「R25式モバイル」「NAVERまとめ」「LINE NEWS」など、過去に関わってきたメディアで延べ3万記事以上にタイトルをつけてきた経験から、タイトルワークのポイントをお伝えしたいと思います。

結論から言うと、ポイントはこの5つです。

タイトルワーク5つのポイント

  1. 長さ
  2. 強さ
  3. 読みやすさ
  4. 滑らかさ
  5. 期待感

それぞれについて解説します。

※それぞれのポイントに関して具体例もつけていますが、これが正解というわけではなく、あくまでも参考としてご認識いただければ幸いです。

1. 長さ

まず、ひと目で何が書いてあるかを判断できる適度な長さであることは重要です。長すぎると頭に入ってきづらいですし、短すぎると情報量が少なくなるので訴求力が弱まります。

経験上、タイトルを分節(文を不自然にならない程度に区切ったときの最小のまとまり)に分けたとき、5〜6文節以内に収まると瞬間的に脳が認識しやすいです。

例:【×】利用しなかった / 月は / 料金が / かからない! / サブスク動画の / 新プランが / 登場(文節にすると7つ。伝えたいことの割に情報量が多く、ぱっと見で意図を捉えづらい)

【○】利用ゼロなら / 課金ゼロ! / サブスク動画に / 新プラン(文節にすると4つ。同じ内容でも省略や言い換えによって情報量が減り、意図を捉えやすくなる)

またSNS、検索、キュレーションメディアなどで表示される枠の文字数も踏まえて考えると、おおむね20文字〜28文字あたりを目安とするのがいいと思います。

各種媒体の記事一覧で表示される文字数は変わる

2. 強さ

日々、私たちは膨大な情報量にさらされています。その中で目を引けるように強い表現にできるかが勝負の分かれ目です。

ただ、言葉の強さだけに囚われると「釣り」になりがちで、信頼性の低下につながりかねません。あくまでも流し見してても目が止まってしまう「違和感」を演出するという観点で考えてみるのがいいと思います。

例:【×】斬新すぎるスカウトメールで開封率UP(「斬新」は比較的よく見る表現なので流されがち)

【○】クセが強いスカウトメールで開封率UP(斬新という概念を表現し直す。また、あまり見ない組み合わせにすることで違和感が生まれ、目に止まりやすくなる)

次:「3. 読みやすさ」へ続く

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録